高校生がタダ?!新しいフィットネスサービス

エニタイムフィットネス(株式会社Fast Fitness Japan)が、高校生向けに新しいサービスを始めました。

スポンサーリンク

HIGH SCHOOL PASS(ハイスクールパス)とは?


出典;キャッシュバック賃貸

高校生の親権者にあたる人がこのフィットネスメンバーであれば、無料で施設を利用できるサービスです。

小中学生以下の子どもが無料というのは市の施設ではよくありますよね?しかし、民間だと、まあ3歳までの子どもが無料ぐらいでしょうかね。

それを義務教育をも卒業している高校生に適用するとは、業界初でしょうし、サービス業でもほとんどないでしょう。

なぜ?って思いますよね?なぜなのでしょうか?それは、どうも、最近の高校生をとりまく環境に関係あるようです。

例えば、運動したくても学校の設備が整っていないとか、不登校で学校へは行けないなどの高校生を対象に考えられているようです。

不登校の子どもは、ひとまず外へ出てみよう!ということですね。

ずっと家に籠もっているとストレスがたまりますよね?そのストレスをこちらで発散できれば、との考えがあるようです。

確かに、ただでさえ運動不足の子どもが多いでしょうから、これは嬉しいサポートですよね。

体を動かすと心も明るくなるでしょうし、インストラクターと話すことで人との会話も増えますものね。

もちろん、高校生が対象なわけですから、深夜早朝は利用できません。防犯面でもそれはもっともですよね。

このサービスを始めたことで、不登校のお子さんを持った親御さんも、お子さんと一緒にスポーツを、って考えられるかもしれませんよね。

せっかくいいサービスが始められたので、いい方向に向かってほしいですよね。

エニタイムフィットネスとは?


出典;ライフスタイルエイド

日本だけでなく世界中のクラブを利用できるというのが、他のフィットネスクラブとは大きな違いかもしれません。世界中ですよ!!

気が向けば、出張中や旅行中でもフラッと行けそうですよね?

他には、24時間いつでも行けるのが大きなメリットでしょうか。だからエニタイム(any time)なんでしょうかね。

お勤めのみなさんは、習い事を始めても残業があるから行けないことが多く、結局は辞めちゃったなんてよくありますよね?

しかし、24時間営業であれば、残業上がりの凝り固まった身体をほぐすこともできますよね。

さらに、パーソナルトレーナーからのアドバイスをもらうこともできます。一人で黙々とマシンに向かっているのは辛くて、もういいや・・って思うことも多々あります。

そんなときも大丈夫!トレーナーが相談にのってくれたり、やる気を引き出してくれます。

そうすれば、なんとなく続けることができそうですよね。

実際どうなの?


出典;Googirl

スタッフがいない時間帯があるので、何かあったら不安だ、という意見もあるようです。

また、圧倒的に男性会員が多いので、24時間行けるとはいえども、女性会員は行きづらいという意見もありました。

一方で、安くて最低限のマシンはあるから、問題なし!という人もいますし、年末年始もやってて嬉しい!という人もいます。

人それぞれ感じ方が違うようなので、偵察に行くのが1番ですね。

まとめ

高校生だけでなく、みんながストレス社会に生きています。体を動かして、上手にストレス解消したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする