そんな手があったのか!自動改札機で募金!

東日本大震災から、もう8年。前を向いて歩きだした人もいれば、まだまだ苦しんでいる人も多いのが現実です。
 
そんな中、六本木でヤフーと三陸鉄道が手を組み、面白い支援活動をしているんです。

自動改札機で募金活動
スポンサーリンク


出典;乗りものニュース

ICカードで専用自動改札機を「ピッ」ってすると、ヤフーから三陸鉄道へ100円が募金される仕組みになっています!
 
募金といえば、箱を持って街頭に立つというイメージですよね。
 
「募金お願いしまーす!」という声を聞いたことがある人も多いでしょう。
 
しかし、実際は募金しない人がほとんどですよね?
 
自分だけ募金しに行くのは目立つことだし、なんだか恥ずかしいですよね。
 
ゆずりあいでも何でも、善意が笑われる時代です。おかしい世の中です。
 
募金が思った以上に集まりにくいのは、こんなくだらないことが原因だとも考えられているようですよ。
 
そこで、募金箱として考えられたのが自動改札機だったのです!
 
普段使い慣れているICカードで自動改札機を通過するだけであれば、募金にも協力してもらいやすいのではないのかと考えられたそうです。
 
また、この自動改札機には面白い仕掛けがあり、「ピッ」とすると車窓に見せたモニターに春を表すアニメが映し出されるんです。
 
子どもはそういう仕掛けが大好きですから、何回も「ピッ、ピッ」ってやってしまいそうですよね。 
 
それに、津波で我が子を失った人も多いですから、同じ世代の子どもを連れたおかあさんたちからも支援が集まりそうな気がします。

東北の今・・・


出典;東洋経済オンライン

故郷に戻れなく他所の土地に移った人も多いため、場所によっては過疎化が進んでいるようです。
 
そして、まだまだ1万人を超える人たちがプレハブ小屋で生活しているんです。
家を建てるなんて簡単なことではありませんもんね。
 
これほど大きな被害は体だけでなく、心にも大きな影響を与え、心的外傷後ストレス障害(PTSD)で苦しんでいる人もかなり多いようです。
 
被害に遭った人の半分近い人が、今もこのPTSDで苦しんでいるということらしいです。
 
テレビに映し出される当時の映像だけでも到底受け入れ難いものなのに、実際の被害は想像を絶するものだと思います。
 
正直、私達ができることなど微々たるものでしょう。
 
しかし、やらないよりはやった方がいいと思うのです。
 
1回たった100円の募金でも、100人集まれば1万円、1000人集まれば10万円になります。
 
みんなで東北を応援したいものです。
そして、これしか言えないのですが、一刻も早い復興をお祈りしております。

他にはどんな活動をしているの?


出典;WAVAL

ヤフーでは他の募金活動もしています。
Search for 3.11 検索は応援になる。」 のページで「3.11」を検索するだけでいいのです。
 
それだけで、ヤフー関連の会社から復興支援関連団体へひとりにつき10円寄付されるものだそうです。
 
これは手軽にできそうですよね。

まとめ

あれだけ連日報道されていた震災も、最近はあまりTVでも見かけることがなくなりましたよね。

悲しいことに、忘れられつつあるのでしょうか。

しかし、1年に1度でもしっかり振り返る日があるということが、素晴らしいことですよね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする