円山動物園でホッキョクグマ館がオープン!

北海道で1番人気のホッキョクグマ(シロクマ)。

3月13日に札幌市の円山動物園で、「ホッキョクグマ館」がオープンされます。

スポンサーリンク

ホッキョクグマ館はどんな館?


出典;札幌市

国内最大のホッキョクグマ展示スペースです。もちろん、飼育もされています。

いろんな動物の絶滅が危惧されている今、ホッキョクグマも同じく絶滅が心配されています。

ですから、新設されるホッキョクグマ館では、繁殖拠点も兼ねた飼育スペースになっているようです。

ホッキョクグマの数が少しでも増えたらいいですよね。

数年前、同じ北海道の旭川動物園で、飼育されている動物の自然な姿を見れるような動物展示室を改装したという話がありました。

このホッキョクグマ館も同じく、ホッキョクグマが泳ぐ姿などをいろんな角度から観察できるように作られています。

また、何よりの見ものは捕食関係にあるゴマフアザラシがホッキョクグマから見えるところにいるということです。

同じプールを透明な板一枚で仕切っているので、ホッキョクグマがゴマフアザラシを捕らえようと追いかける姿もリアルに見れるようになっています。

追いかけられるゴマフアザラシにしてみれば、ストレスフルな毎日ですよね。

ホッキョクグマにしても、いつも捕まえることができないので結構ストレスたまりそうです。

円山動物園


出典;livedoor Blog

1951年に、国内で10番目に作られた動物園です。

もともとは東京の上野動物園の動物たちを札幌の人たちが見れるように、札幌で移動動物園を開催したことが始まりのようです。

大好評だったので、札幌にも動物園を、ということになったのでしょうか。

天然記念物である円山原始林との境界部分には、50年前の札幌の身近な自然を目指す、約2haの「動物園の森」があり、国内でもこれだけ自然豊かな動物園は他に類を見ない。

出典;ようこそSAPP_RO

北海道ならではの大自然ですよね。

動物たちものびのびと暮らせそうですよね。

他の人気のある動物


出典;エキサイト

遠方から来園する人が多いのか、北海道にしかいない動物が人気があります。

「エゾヒグマ」「エゾシカ」などです。

他には「レッサーパンダが人気です。

「エゾヒグマ」とは、お土産屋さんで売っている魚をくわえた木彫りのクマのモデルです。

本物は見たことがなくても、木彫りのクマなら見たことがある人も多いのではないでしょうか。

「エゾシカ」は「ニホンジカ」の仲間で、おしりがいつも白いのが特徴です。

「レッサーパンダ」は、北海道だけでなく、全国的に人気がある動物です。かわいいですよね。

まとめ

新しくできたホッキョクグマ館、行ってみたいですね。

それに、北海道でしか見れない動物たちも見てみたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする