レズの勝間和代さんも公表!自分がLGBTだと気付くときとは?

勝間和代さんの、レズビアン公表に驚いた方も多いでしょう!

過去には結婚されて、お子さんもいるんですからね・・・

スポンサーリンク

同性は結婚できないの?

できないんです。あくまでもパートナーという設定なんですよね?

同性パートナー制度


出典;世田谷区

法的には効力はないけれど、自治体が、2人の結婚を認めるという書類のようです。

同性愛者は少ないので、誰かに認められることが重要なのかもしれません。今まで、否定され続けてきたでしょうからね・・・

相手が亡くなったら相続できるの?

できません。配偶者になれないからです。内縁の夫婦と同じです。

しっかり遺言を書いてもらうしかありませんよね。

LGBTとは?

男女恋愛外の人、といえばわかりやすいでしょうか。

レズビアン(女性同性愛者)、ゲイ(男性同性愛者)、バイセクシュアル(両性愛者)、トランスジェンダー から来ています。

どうやって気づくのか?

「好き」だと感じた人が、同性だった場合だそうです。

友達になりたい、とかではなく、純粋に恋愛対象として見ていると自覚したときだそうです。

他には、LGBTの人の話を聞いて共感したり、「自分にあてはまっているかも?」と思えば気づくことがあるようです。

公表する理由とは?

「自分らしく生きる」「楽になりたい」からだそうです。

隠し続けるのに限界を感じたり、自分がLGBTであることを他人に知ってもらっていたほうが過ごしやすいと感じたときに、公表する人が多いようです。

そりゃそうでしょう?LGBTの人だと知らなければ、道で抱き合っていたりすると、驚く人も多いでしょうから。

しかし、まだまだLGBTの人への偏見や差別が多いため、公表するには、かなりの勇気が必要です。

ネット上の声

有名人がカミングアウトしてくれると、敷居がぐっと下がる気がします。

これは確かにショックですよね?存在すら隠されてるんですもんね。

まとめ

人に気兼ねすることなく、自由に恋愛できる世の中になってほしいですね。

まだまだ先は遠いですが、少しずつ理解されつつあるのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする