鷲尾勇介容疑者の顔画像や家は?真相はどっちから攻撃?

子が親を殺す事件がまた、起きてしまいました。

神戸で無職の息子がお父さんを刺した事件です。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;Nippon News Network(NNN)

16日午後7時45分ごろ、神戸市垂水区学が丘の集合住宅から「自宅で父と、けんかして数回刺した」と通報があった。

警察が駆けつけると、この家に住む鷲尾佳昭さん(57)が台所であおむけに倒れていて、その後、死亡が確認された。

警察は隣の部屋にいた二男の鷲尾勇介容疑者を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

鷲尾容疑者は「私がお父さんのおなかを包丁で何回か刺しました」と話し、容疑を認めている。

出典;Nippon News Network(NNN)


出典;Nippon News Network(NNN)

血の跡がはっきり残る生々しい映像ですよね。白いのはタオルかなんかでしょうか。血の色に染まっていますよね。

見ているだけで、寒気がしますよね。

さらには、この画像の置くにあるのは供養の花束でしょうか?血痕が残されたこの部屋の状況は、たぶん現場検証の最中でしょうか。

このときに、すでに花があるということは、誰が持ってきたのでしょうか。容疑者?それとも、お兄さん?

どちらにしろ、お父さんが亡くなった次の瞬間に花を買いに行く事なんてありえないように思います。


出典;Nippon News Network(NNN)

お父さんを刺した後、隣の部屋へ逃げてしまったのでしょうか。そりゃ、逃げたくなります。

警察が来るまでの間、どんな思いで待っていたのでしょうか。取り調べにも冷静に対応しているようなので、もしかすると漫画でも読んでいたのかもしれませんね。


出典;Nippon News Network(NNN)

何回も刺したということは、殺意があったということでしょうか。でなければ、一回だけで十分ですよね。

父親は病院に搬送されたが約1時間後に死亡。同署は容疑を殺人に切り替えて捜査している。

出典;産経WEST

これでもか!って何回も刺したものの、やはり、「どうしよう?」と思って容疑者自身が救急車をよんだのでしょうか?

同居しているお兄さんのことには触れられてなかったので、自分でよんだのでしょうね。


出典;Nippon News Network(NNN)

お父さんが亡くなったことで、殺人未遂容疑から殺人容疑に変わってしまいましたね。お父さんを刺した後の対応を自分でしていることから、突発的な犯行だったのでしょうか。

それとも、今日こそは!と思って犯行に及んだのでしょうか。

ただ、お父さんは亡くなっているので、どちらが先に刃物を持ちだしたのか?という大事な部分はわかりませんよね。親が子を殺す事件もよくあることですからね。

 勇介容疑者はどんな人物?顔画像は?

30歳で無職のようですね。アルバイトなんかはしていたかもしれませんが、今のところ詳細はわかっていません。

それに、顔画像も公開されていないようです。今後の捜査で出てくるかもしれません。

Facebookも調べて見ましたが、全く特定できそうにもありません。こちら

容疑者に関する情報が少ないため、新しく情報が公開され次第、こちらも追記していきます。

家族は?


出典;Nippon News Network(NNN)

お父さんとお兄さんと3人ぐらしのようです。お母さんはいないようですね。

お父さんが亡くなって、弟がその容疑者になってしまい、お兄さんはどうすればいいのでしょう。

もしかすると、自分がいれば、今回のような事件は起きなかったのではないかと思われているかもしれません。が、既に遠くへ逃げてしまっているかもしれません。

さすがに、この近辺では住むことはできないでしょう。

家の場所は?


出典;Nippon News Network(NNN)

「神戸市垂水区学が丘」という場所の団地でしょうか。


出典;googleマップ

付近には、同じような団地が多く、正確な場所も特定できませんでした。

まとめ

無職の息子が親とけんかして、カッとなって刺し殺してしまう事件は、最近、とても多いですよね。

息子の先行きが心配だったというのもあるでしょうが、自分より若いのにブラブラとしていることに腹がたってしまったのでしょう。

もしかすると、お父さんは定年前で、息子から金銭を要求されていたのかもしれません。いつまでもスネをバリバリかじられていたら、お父さんにも老後があるので、やってられなかったのかもしれません。

しかし、息子の方も我慢の限界が来たのでしょう。親子の距離感というのは本当に難しいように思います。

お父さんのご冥福をお祈りします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする