加勢(カセ)鳥、ピンチ!廃止される前に見に行こう!2019年のコースも詳しく説明します!

今回は、毎年2月11日に行われる加勢(カセ)鳥のご紹介します。是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

2019年 加勢(カセ)鳥のコースと行き方を詳しくご説明!

時間と場所がわかれば、カセ鳥を見逃すことはないですよね?

時刻
(目安)
場所(周辺の地図を載せておきます)
10:00

祈願式(上山城正門前広場)(行き方

10:45上山城にて演舞
11:00加勢鳥行列出発
11:05

(上山)十日町商店街

湯町地区

新湯地区

12:10

新湯通り→カミン前

→二日町通り→JRかみのやま温泉駅 

13:30

JRかみのやま温泉駅前出発
石崎・河崎地区

葉山地区

14:50

上山消防署

上山警察署

15:00

ヤマザワ上山店

おーばん上山店

15:15

ヨークベニマル上山店

加勢(カセ)鳥をJRかみのやま温泉駅で待ち伏せ?!

12時頃にカセ鳥が回ってきます。カセ鳥をちょっと見たい方は、ココで見るのが一番楽でしょう。

スポンサーリンク

加勢(カセ)鳥、ピンチ!廃止されるかも?!

後継者不足のためです。カセ鳥になる人も全国から募集して、ようやく人数が集まっているそうです。もちろん、女性もいます。

極寒の中で水をかけられる、この行事。何度も体験したいという人はあまりいないかもしれません。上半身は裸ですからね?!それに、ワラに擦れて痛いそうです。

それだけでなく、カセ鳥が着ているワラで編んだゲンダイ冬わらじの作り手がもういない、ということも深刻な問題なのです。

若者の地元離れが原因かもしれません。または、奇習のカセ鳥そのものが、この時代に受け入れられなくなっているのかもしれません。

明治時代に一度廃止され、昭和の中頃に復活したカセ鳥・・・。近いうちに、今度こそ見られなくなってしまうかもしれませんね。

加勢(カセ)鳥は、鳥ではなく妖怪?


出典ゆるキャラグランプリ

ゆるキャラをご存知の方も多いかもしれません。カセ坊です。

「どこが鳥?」実は、カセ鳥自体が妖怪なのです。

加勢(カセ)鳥グルメって、どんなものがあるの?

せっかくなので、食べてみたいですよね?有名どころを少しご紹介します。

カセ鳥揚げ


出典;山形県ホームページ

豚肉にゴボウを付けて、揚げたものです。カセ鳥のイメージどおりですね。

カセ鳥鍋


出典;山形県神社庁

白いスープに鶏団子と揚げそば、大根おろし、麹が入っています。あっさりして、食べやすいです。温まりますね。

他には、カセ鳥ラーメンやスイーツなどが、街中や駅前、上山城で販売されています。

また、グルメだけでなく、カセ鳥のキーホルダーやストラップ、カバンなども販売されています。

見るだけでも楽しそうですよね。

まとめ

カセ鳥は、続けたいと願う地元の皆さんの思いだけで、毎年行われています。もしかすると、もう見られなくなるかもしれません。

今なら、まだ間に合います。少しでも興味を持たれた方は行ってみてはどうでしょうか。

衝撃的で驚くと思いますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする