糟屋嘉則の家族や顔は?退職後の拷問に耐えきれなかった?おそるべき高齢化社会。

親だけでなく、息子も高齢者と言われる年齢。この親子に何があったのでしょうか。97歳の母親を殺害した糟屋嘉則容疑者の事件です。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;テレ朝ニュース

22日午前10時ごろ、自宅で同居する97歳の母親・喜代子さんの口や首を手で押さえ付けて殺害した疑いが持たれています。

出典;テレ朝ニュース

調べに対して、容疑を認めているそうです。

この事件、容疑者の息子が通報したということです。つまり、息子が帰ってくるまで、被害者は刺されたまま放置され、容疑者は放心状態でいたということでしょうか。

現場は?


出典;テレ朝ニュース

静岡市清水区にある容疑者の自宅です。付近の地図だけ載せておきます。

糟屋容疑者のプロフィールや家族は?

糟屋嘉則、74歳、無職、です。

また、無職の人による犯行か・・・と思われた方もいるでしょうが、とっくに定年退職している年ですよね。

40代の息子がいるようですが、この息子が結婚していれば、3世帯家族ということになりそうです。

息子がいるので、容疑者にも奥さんはいるのでしょう。現在、同居しているかどうかはわかりませんが・・・

糟屋容疑者の顔画像は?

今のところ公開されておりません。

犯行動機は、大人数家族が引き起こした?

可能性はあるでしょう。

容疑者は常に板挟みです。被害者と奥さんの間に挟まれていることは、言うまでもないでしょう。

もし、息子が結婚していれば、もう一世帯増えることになります。被害者と息子世帯の間にも挟まれますよね?そして、そこには、息子の奥さんが付いてきます。

被害者は97歳。戦争を経験した世代です。物がなく苦労した世代なので、物がありふれた今の世代から見れば「ケチ」です。

とても言い方が悪いのですが、物を大切にするわけですから当たり前です。そして、とにかく細かい人が多いです。

当然、息子世代とは考え方が違いますよね?息子ともトラブルがあったのではないでしょうか。そのたびに、「息子の育て方が悪い」と言われたのでしょう。

実際、「頭に血がのぼった」と容疑者が供述していますし、殺害されたとはいえ、被害者に全く罪がなかったわけではないでしょう。

被害者の介護や健康状態には触れていなかったので、このあたりが動機として十分考えられると思われます。

スポンサーリンク

容疑者の定年後は地獄だった?

働いているときは留守がちだったでしょうが、定年になると家にいる時間が圧倒的に増えますよね。

趣味でもあればいいのですが、いきなり時間ができたからといって、趣味を見つけれる人はそういないでしょう。

容疑者も、一日の大半を家で過ごしていたのではないでしょうか。

ご存じの方も多いでしょうが、夫が退職すると離婚する人が結構いますよね?退職したとたん、暇で付きまとわれるからだそうです。

この家族の場合、もう1つ問題があるのです。そうです!暇な人がもう1人いるのです。

毎日、毎日、同じ話を延々と聞かされるのは、さすがにうんざりでしょう。しかも親子ですからね?

親子でなくても、人生の大先輩と思っているからか、説教じみたことを言ってくる高齢者の方は多いものです。

たまなら「はい、はい」とあしらえても、毎日なら、拷問としかいいようがないのです。容疑者は、そんな毎日に耐えれなかったのではないでしょうか。

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

こちら、容疑者と同じ立場の方でしょうか。容疑者を擁護する声が多くありました。

老々介護は辛い
74歳ならば 介護を受けていてもおかしくない
97歳ならば 元気なら元気自慢 病気なら愚痴命令オンパレード
24時間同居は空気にさえ首を絞められような地獄だ
本人の意志より介護家族の訴えも聞いて欲しい
100歳以上が2万人を超える日も近い
昔とは事情が違うのだ
共倒れ回避政策を考えて欲しい
施設丸投げではなく たまに家族が急用とれるように
今のヘルパー制度は 1時間2時間なので 休めない

出典;yahooニュース

殺してしまったことは罪深いが、その前に、同居している場合、「長生き」が「罪」だということを知らない人が多い。私は、97歳の方より、74歳の方に同情する。きっと、息子さん、自分の人生は無かっただろうと思う。自分で生きていけないのなら、97年も生きちゃいけないよ。

出典;yahooニュース

>「頭に血がのぼった」

突発的な衝動ではあるまい、
むしろ長年に亘り蓄積した鬱憤が、
一気に噴き出したと考えられる。
男女を問わず、いったい誰が90歳以上生きているか、
阿呆と恥知らずの穀潰しだけだ。

出典;yahooニュース

他にも、介護の実態を知って欲しいという声もありました。

頭に血がのぼった事は無いが、 一緒に” と思う事は有った。
バカみたいなバラエティーなどタレ流してないで、
老老介護の現実をテレビでドラマ化し、現実を考えて欲しい。

出典;yahooニュース

この方も、かなり大変な思いをされたのですね。

まとめ

いろんな問題がありますが、今の世の中の最大の問題かもしれませんね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする