氏家美穂、ウソがばれた離婚届と、恐ろしきDVの果てに夫を殺害?

事実は逆だったようです。かすみがうらコンクリ詰め事件の真相がはっきりしてきました。

スポンサーリンク

事件の経緯とは?


出典;TBSニュース

① 3月9日、被害者が行方不明になった。

② 容疑者が、被害者の捜索願いを出す。

③ 3月28日、離婚届を出す。

④ 離婚届が偽造されたものだと発覚し、捜査員が容疑者宅を訪問。

⑤ クローゼットの中からコンクリ詰めにされた被害者が発見される。

新事実!離婚届は、夫殺害を隠すためだった!

夫がいないことを、近所の人に不審がられないように、離婚届を出したようです。つじつま合わせだったのですね。

しかし、この離婚届で、「離婚した」という嘘がバレたようです。

容疑者とは?

これが、被害者の妻でもある、氏家美穂容疑者です。


出典;FNN

3人の母親で、容疑者より11歳、年上だそうです。年齢もだいぶサバを読み、被害者と結婚したようです。

なぜ、殺害を?

DVの延長上でしょう。外面はよく、家の中では暴力をふるう。これは、典型的なDVといえるようです。

バツ2ということですから、被害者との結婚の前に2回結婚したことになります。

元夫からの証言がありました。

2番目の元夫は「わがままというか自己中心的。借金あることも言わずに、最後どうにもならなくなったから、カードと子供たち置いて自分だけ出て行って」と証言。

出典;FNN

容疑者は勝手に出て行って、勝手に偽造の離婚届を出したのでしょう。「なんじゃ、そりゃ?」という感じですね。

殴ったり蹴ったりする暴力はなかったのかもしれません。しかし、自己中の人は、言葉が暴力的だったりしますからね。借金まみれのカードと子供を置いて行ったというのは、やはり、ある意味、暴力的だといえるでしょう。

スポンサーリンク

では、被害者の場合はどうだったのでしょうか。

友人によると、2014年7月に昇さんと結婚した際も「10歳くらいサバを読んでお付き合いしていたらしい。子供ができたって言って、最初嘘をついて籍を入れた。結局はバレたみたいだが、それでも受け入れてくれたみたい」だという。

出典;FNN

被害者は、とても優しい方だったのですね。

きっと言い争いになっても、容疑者が殴りかかっても、許してくれたのでしょう。だから、容疑者の暴力がエスカレートしたのだと思います。

反応がなければ、面白くない。というのは、イジメの基本です。

それに、嘘をつかれたのも、1回や2回ではないでしょう。それでも、容疑者の事を信じてくれたのに、裏切られたわけだったのですね。

今回は、被害者を殺害したことを隠すために、捜索願を出した。このことが裏目にでて、犯行がバレてしまったのでしょう。

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

容疑者が「信用できない」性格だからか、行動を疑問視するような声が多数ありました。

夫が11歳年下と聞いて?と思ったら、歳を10歳サバをよみ、しかも子供ができたとウソをいい、むりやり入籍・・・どんな性格してんだよ。

出典;yahooニュース

本当に殺してるのこの旦那さんだけ?もしかして自宅出産繰り返してコンクリート詰めしてたりしない?大の大人をコンクリートで固めてクローゼットに隠すっていやに手慣れてませんか?

出典;yahooニュース

殺害して、コンクリ詰めして、消臭剤を置く。という発想は、知らなければ思いつかない方法ではないでしょうか。

どういうことになってるのかねえ。少なくとも容姿端麗とは思えない。歳もかなり下の夫。
三回結婚した。捜査員にもサラッと話した感じ。ニュースソースだけで判断したらいけないけど。世の中、不思議なことがあるのだねと思った。亡くなった人は今の旦那だけじゃないかもよ。

出典;yahooニュース

余罪はまだ、ありそうですね。子供も殺してそうです。

まとめ

信じていたはずの妻に裏切られた被害者は何を思って亡くなったのか、気の毒でなりません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする