つがる市8人死傷事故、飲酒と130キロで追突した加害者たちが受ける刑罰は?

9月でつがる市で起こった8人の死傷事故、その詳細がわかってきました。加害者たちは、どんな刑罰を受けるのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の詳細は?

現場は、つがる市の国道101号線です。

9月22日午前1時5分ごろ、片側1車線の直線道路で発生。捜査関係者によると、4台は2台ずつ対向して走っていたが、一方の後方から走ってきた乗用車が、制限速度50キロを約80キロ上回る約130キロで前方の軽乗用車に追突し、さらに中央線をはみ出して対向の別の軽乗用車と正面衝突した疑いがある。

出典;朝日デジタル

事故の様子を図にしたものを載せておきます。


出典;朝日新聞デジタル

こちらは被害者の方たちです。

 乗用車に追突された軽乗用車は道路脇の柵にぶつかって横転し、乗っていた広船淳(じゅん)さん(43)と妻の愛莉さん(30)が死亡。正面衝突された軽乗用車は道路脇の田んぼにはじき飛ばされた。

出典;朝日デジタル

真面目で明るい愛莉さんと、淳さんは、仕事の後にラーメンを食べに出かけるのが楽しみだったようです。

大ケガをして意識もなかったのに、愛莉さんの目には涙が・・・さぞ、無念だったことでしょう。

代行運転手の山田春治(はるじ)さん(63)と、客の山田久美子さん(46)が乗っていたがともに死亡した。

出典;朝日デジタル

こちらの山田久美子さん、シングルマザーでお子さんが2人いたそうです。

お子さんたちは、ある日、突然、悪質ドライバーによってお母さんを亡くしてしまったのです。

この悲しみは想像できません。

山田春治さんの後方には運転代行の同僚の50代男性の軽乗用車が追走していたが、衝突されたはずみで対向車線に飛び出す形になった広船さんの軽乗用車と衝突。男性も軽傷を負った

出典;朝日デジタル

この方は、幸運な方だったのかもしれません。

当時の加害者側の状況

残念ながら、飲酒運転はよくある事件です。

しかし、この事件、飲酒運転でお酒を飲みに行ったのです!!

3人は小中学校の同級生で、前日から運転者の自宅でバーベキューをして飲酒。さらに酒を飲もうと別の場所に移動する際に事故を起こしたという。

出典;朝日デジタル

言い逃れができないほど、悪質ですよね?決して、許されるはずがありません。

スポンサーリンク

加害者たちへの刑罰は?

気になりますよね?飲酒運転した上に130キロで飛ばし、4名もの犠牲者を出したのです。

運転者

まず、運転者ですが、

県警は自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで、この乗用車を運転していた30代男性から事情を聴く。

出典;朝日デジタル

これは当たり前ですよね。過失のはずがありません。

今回の場合、最大20年の牢獄生活です。年数まではわかりませんが、飲酒だけでなく、130キロというスピードも考慮されるでしょう。

それに、飲酒を重ねようとしたわけですから、とても重い罰則になると思われます。

時間をかけて、ゆっくりと反省していただきたいです。

同乗者

さて、自分は無関係と装った同乗者ですが・・・

同乗者は朝日新聞の取材に「酔っていて覚えていない」と話した。

出典;朝日デジタル

一緒にバーベキューをしてお酒を飲んでいたので、運転者が飲酒していたことを知らなかったと言うことは不可能です。

罰則には、酒酔いと酒気帯びが2種類がありますが、酒酔いの方が適用されるでしょう。そうすると、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が、妥当なところでしょうか。

しかし、同乗者が車の免許を持っていると、話が変わってきます。持ってなければ、知らないで済みますが・・・

おそらく、1番重い罪の、35点減点で免許取消、免許の取り直しも3年できないが、該当するでしょう。

彼らには、重い罪を与えてもらわなければ、もっと悲惨な事故が起こってしまうかもしれません。

ネット上の声

原因が判明して何よりですが、許せる原因ではありません。
法治国家ならば、殺人罪で死刑でm(_ _)m。

出典;yahooニュース

刃物を持って全力疾走してくるのと、同じですからね。

こんな悲惨な事故なのに発生して1か月たっててるんですね。そして、実名報道もされてない。
やはり、地域によって、飲酒運転の報道の仕方かなり違います。
本当に他の方がコメントされているように飲酒運転は殺人をする人間と同じだと思います。
もっと全国的にも飲酒運転の報道をやって、飲酒運転の悪さを感じて、飲酒運転をしないようになってほしいです。

出典;yahooニュース

もし、首都圏で起こった事故だったら、もっと有名になっていたでしょう。災害でもなんでも、地域によって重みが差別されるのは気になるところです。

まだまだ氷山の一角。
表面化していない飲酒運転なんて腐る程いる。
これだけ罰則が厳しくても、バレなければOK精神が根付いてるんだから、もっと厳しくしてもいいと思います。

出典;yahooニュース

こんな事故があっても、また同じような事故が起こるでしょう。酒のニオイがするとエンジンはかからないような車が開発されることを願うしかないですよね。

まとめ

まず、この事故で亡くなられた4名の方のご冥福をお祈りいたします。

自分がいくら気をつけていても、後ろから暴走車が突っ込んできたらどうしようもありません。

1人1人が意識するしかない、でも意識できない人がいる。どうすれば、いいのでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする