ジョーベル容疑者の顔画像は?事件は家族の不注意では?

拳銃を所持できるお国柄なのか、我が子にも発砲するのですね。ラ マドリッド グレン ジョーベル容疑者(23)の件です。

追記(4/4    10:05)推測できそうな事件現場

スポンサーリンク

1. 事件の概要
2. 容疑者のプロフィールは?
3. 容疑者の顔は?
4. 事件現場と犯行動機は?
5. 家族の不注意では?
6. みなさんの声
7. 最後に

事件の概要


出典;TBS NEWS

生後8か月の長男の顔をめがけてエアガンのようなものを数発撃ち、顔面に全治4週間のけがをさせた

出典;TBS NEWS

調べに対し、ジョーベル容疑者は

「子どもが泣いてうるさかった」と容疑を認めている

出典;TBS NEWS

ジョーベル容疑者のプロフィールは?

□ 名前:ラ マドリッド グレン ジョーベル
□ 年齢:23
□ 住所:豊岡市日高町
□ 職業:アルバイト
□ 国籍:フィリピン

Facebookでジョーベル容疑者のアカウントを検索しましたが、日本語や英語による登録はありませんでした。また、タガログ語での表記「La Madrid Glen Joberu」でも登録されていませんでした。

ジョーベル容疑者の顔画像は?

今のところ、公開されておりません。新しく情報が入り次第、こちらに追記させていただきます。

ジョーベル容疑者の家族は?

容疑者、妻、長男、妻の両親の5人家族です。

妻の国籍については言及されていませんでしたが、おそらくフィリピンの人だと推察できます。家族みんなで、日本に来たのではないでしょうか。

事件現場と犯行動機は?

現場は、今のところわかっておりません。

豊岡市には「日高町」という地名がつくところが3つあります。「日高町江原」「日高町中」「日高町佐田」です。

それぞれ離れた場所なのですが、地図だけ載せておきます。

日高町江原

日高町中

日高町佐田

追記:現場は「日高町江原」かも?

調査が進みました!「日高町江原」周辺に豊岡南警察管轄の日高警部派出所があります。

そのため、この辺りが現場だと推測できます。近くに「江原駅」もあります。

派出所の地図を載せておきます。

犯行動機は、子どもを泣き止ませるためです。息の根をとめて、静かにさせようと思ったのでしょうか。驚いたり、痛いと、余計に大声で泣くと思うのですけどね。

容疑者家族のうっかり行動?


出典;【赤羽フロンティア】エアガン/モデルガン/模型の総合ショップ

容疑者は、子どもが泣いただけで、簡単にエアガンを持ち出すのです。この行動は、普段からしていたと思われます。でなければ、エアガンを撃ったりはしないでしょう。

なのに、事件当時、容疑者と子どもだけだったということです。子どもが泣く可能性があったことは十分推測できたでしょう。にも関わらず、家に2人でいたのです。

これは、家族の不注意と言わざるをえないかもしれません。それに、妻の両親も同居していたのです。孫が心配ではなかったのでしょうか?

もちろん、外出すべき用があったのかもしれませんし、子どもが容疑者と留守番するのはいつものことであったのかもしれません。

それでも、何かしら対策はあったのかもしれませんよね。子どもの命に別状がなくて、本当に良かったです。

ネット上の声

子どもを銃で撃つという、狂ったような行動を批判する声が多かったです。当たり前ですよね。

意味が分からない。大人が子供の扱い方を知らない、親が子供の育て方を知らない。教えてくれる大人もいなくなったのか?日本だけじゃなくて世界がおかしい。

出典;yahooニュース

そうですよね。虐待は世界共通なのです。グローバル化が進んでいるので、グローバル単位で子育てに問題があるのかもしれません。

赤ちゃんは泣くのが当たり前だけど、こんなことをするお父さんなんて、普段から子どもとの信頼関係もうまく築けてなかっただろうに、そんな大人と二人っきりにさせられた赤ちゃんは不安で仕方なく、必要以上に泣いていたのか…。

出典;yahooニュース

子どもは敏感ですからね。これは大いに納得できますよね。

まとめ

今回の事件ですが、たまたま被害に遭ったのは、容疑者の子どもでした。もしかすると、家の近くで遊んでいる子どもの声がうるさいからといって、発砲する可能性も十分ありますよね?

これは、日本人であるかどうかの問題ではないでしょう。先日も、子どもにBB弾を撃つ事件がありました。

我が子にさえ、発砲するのです。他人に発砲して当たりまえです。そして、敵に発砲することを考えるでしょう。

我が国の平和が覆る日が、もうそこまで来ているように思うのは、私だけでしょうか。話しながら歩いているだけで、撃ち殺されるような日が来ないことを、ただ願うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする