谷山緑地公園に捨てた赤ちゃん、ママは誰かに息子を託したのか?

追記(6/11):その後、どうなった?

鹿児島市で男の赤ちゃんが置き去りにされていたようです。詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の詳細は?


出典;MBCニュース

何があったのか?

5月12日、午後4時過ぎに、置き去りにされていた赤ちゃんが発見されました。

赤ちゃんは裸のままタオルにくるまれ、段ボール箱の中で泣いていた

出典;MBCニュース

どこで?


出典;MBCニュース

鹿児島市小松原の谷山緑地公園内のトイレのようです。場所はココですね。

現在、捜索中ということです。新しく情報が入り次第、追記させていただきます。

我が子を捨てた母親の願いは?

赤ちゃんを助けてほしかったのでしょう。

だから、踏まれないように段ボールに入れ、赤ちゃんが寒くないようにタオルで巻いたのでしょう。雨や風に当たらないように室内のトイレに置いたのでしょう。

数日間は自分で育てたのでしょう。でも、無理だったのです。後は、誰かに見つけてもらえるような場所に置いたのでしょう。

ただ、赤ちゃんが生きていたことは、非常にラッキーだったといえるでしょう。

母親が問われる罪「保護責任者遺棄」とは?

お世話が必要な赤ちゃんに「何もしなかったこと」が罪になるのです。

危害を加えるだけでなく、単に放っておくだけでも罪になるのですね。

ネット上の声

赤ちゃんが生きていてよかった!という意見が多かったです。

通りすがりの人に気付いてもらえるぐらい元気で、本当に良かったですね。

追記(6/11):その後、どうなった?

もう1か月も経つのに、誰が、どんな理由で、赤ちゃんを置いていったのか、全くわからないそうです。

赤ちゃんは元気だそうです。

この状態が続くと、児童福祉施設に入所することになるようです。

まとめ

赤ちゃんが捨てられる事件は後を絶ちませんね。

ただでさえ、子どもを育てにくい世の中ですよね。許されざる行為ではありますが、事情がある人はやむを得ないのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする