上久保明日香、長女だけを虐待した理由は?母親に助けを求めたのか?

容疑者の顔を追記しました。(8/14)

埼玉県で母親が長女を寒さの中に放置して凍傷を負わせるという事件がありました。

スポンサーリンク

事件の概要

逮捕容疑は、1月13日午後5時~翌日午後1時ごろ、当時生後8カ月の長女を自宅トイレに放置し、両足に全治約3~6カ月の凍傷を負わせたとしている。

出典;産経ニュース

なんと、気温はマイナスだったそうです・・・

調べに対して、

「子育てがうまくいかず、かわいいと思えなかった」と容疑を認めているという。

出典;産経ニュース

容疑者は、左足の親指と中指を失う重傷です。これから歩く時期なのに、可哀想です。

現場は?

草加市新栄にある容疑者の自宅です。周辺の地図だけ載せておきます。

容疑者とは?

一見すると鬼母のように思われる上久保容疑者。どんな人物なのでしょう。

プロフィールは?

上久保明日香、24歳。無職。

草加市新栄 在住。

夫とは離婚し、長男と被害者と3人暮らし。

顔画像は?


出典;ホウドウキョク

SNSは?

容疑者名で登録されているFacebookアカウントはありませんでした。

犯行動機は?

子育てに悩んでいたからでしょう。

長女は生まれつきの発育不良で、平均より半分程度の成長速度だった。

出典;産経ニュース

このことが、容疑者を悩ませる大きな要因だったでしょう。

世の中には、無神経に、悩んでいる親に向かって子どものことを、とやかく言う人がいます。容疑者は、そんな言葉を浴びせられ、相当悩んでいたと思います。

これが、ひきがねになったのでしょうか。

お母さんに助けを求めた?

元夫がどんな人かはわかりませんが、離婚してしまうぐらいなので、育児に協力的であったとは思えません。

容疑者が実家へ行くことは勇気ある行動だったと思いますよ?だって、自分の行為を咎められるに決まっていますから。

それでも、お母さんが119番通報してくれたおかげで、容疑者は肩の荷が下りたのではないでしょうか。なにより、被害者の命が助かりましたからね。

スポンサーリンク

なぜ被害者だけに、虐待を?

長女の着衣は紙オムツだけで、ポリ袋に入れられ、首元で締められていた。

長女は全身約20カ所を骨折しており、同署は日常的な虐待があったとみて詳しく調べている。

出典;産経ニュース

被害者にはお兄ちゃんがいたようです。お兄ちゃんには、虐待された跡はなかったようです。

とはいえ、お兄ちゃんは2歳なので、まだまだ走り回る年頃ですが、聞き分けが良かった子どもなのかもしれません。それに、同じ年齢の子どもより、出来ることが多かったかもしれません。

つまらないことですが、子どもが小さいころは、他の子よりちょっと何かできるだけで、すごく褒められるのです・・・

しかし、妹である被害者は、生まれながらに病気を持っており、お兄ちゃんのようにスムーズにはいかなかったのでしょう。

そうなると、ついお兄ちゃんと比べてしまって「なんで、この子はまだできないの!」と思うことがあったのかもしれません。それこそ、同じ月齢の子と並ぶと、よりハッキリと見えてしまいます。

当然ながら、病気があると、子育てはより一層大変です。被害者のことをいらないと思ってしまう事も多かったのでしょう。

何よりも、被害者をポリ袋に入れてしまっていることがその証拠です。しかし、ダメだと思う優しい心もあって、被害者は救われたのでしょう。

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

もちろん、容疑者の行為を「親としてありえない」「それなら産むな!」という声は非常に多くありました。

しかし、容疑者を擁護する声もありました。

正直分からないでもない。
他の子供より自分の子供が成長が遅かったりすると不安になりますよね。
それが個性だとか勝手な事を言う他人もいるけど親としては五体満足で健やかに育ってほしいに決まってます。
ただお母さんなんかにもっと頼っていれば良かったと思います。
自分の子供や孫が困っているのを鬱陶しく思う親はいませんよ。

出典;yahooニュース

うちも3歳と1歳がいるんで虐待した事ないけど、したくなる気持ちはわからなくもない。

本人を責めるより核家族やシングルの家庭で一人で子育てしてる環境を改善する方向に話を持っていければいいんだけどね。

2人を24時間相手してたら頭おかしくなりそうだよ。

出典;yahooニュース

まとめ

容疑者を非難する気持ちはわかります。

しかし、人によっては、取り巻く環境が違います。誰もが、子育てしやすい世の中になればいいのですが、正直、今の日本では非常に難しいですよね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする