福岡・いきなり婚姻届を出した世古憲太郎は、極度のストーカー?

知らない間に結婚させられかけた?!有印私文書偽造などの疑いで逮捕された世古憲太郎容疑者(37)の事件を詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;www.recruit-mp.co.jp

世古容疑者は今年3月、20代の女性との婚姻届を偽造し、博多区役所に提出するなどした疑いです。

出典;テレビ西日本

調べに対して、容疑者は

一部容疑を否認していますが、婚姻届を提出したことは認めているということです。

出典;テレビ西日本

「交際していない」というところを否認しているのでしょうか。

詳細は・・・

世古容疑者は女性が働く飲食店の客でしたが交際関係はなく、世古容疑者が一方的に好意を寄せていたとみられています。

出典;テレビ西日本

婚姻届けの偽造にあたり、世古容疑者は委任状を偽造して添付し、区役所に女性の転出届を提出

出典;テレビ西日本

しかし!!

内容に間違いないか役所の担当者が女性本人に電話確認をしたことで、犯行が発覚しました。

出典;テレビ西日本

女性はびっくりしたでしょうね。役所の方が確認してくれて、良かったですよ。

でなければ、知らない間に夫婦になっていたのです!!ありえません。

容疑者について

プロフィールは?

世古憲太郎(せこ けんたろう)、37歳、無職です。

糸島市在住です。近隣の地図を載せておきます。

Facebookでは容疑者と思われる名前のアカウントはありませんでした。

スポンサーリンク

顔画像は?

今のところ公開されておりません。新しく情報が入り次第、追記させていただきます。

被害女性との関係は?

知り合い程度でしょうか。

女性が勤務する飲食店のお客さんとして容疑者が通っていたそうです。

いくらなんでも、お店の中だけの付き合いで「交際している」ということにはならないでしょう。

何回かは、容疑者に誘われて、お店の外でも会ったことがあるのではないでしょうか。

もちろん、女性はそのつもりはなかったのでしょうが、容疑者は「OK」と都合よくとらえたのではないでしょうか。

しかし、本当にお店の中だけでしか会ったことがないのであれば・・・容疑者には、かなりの妄想癖があるのではないでしょうか。話が極端すぎますからね。

犯行動機は?

容疑者の悲しき勘違いでしょう。

女性が容疑者の好みのタイプであり、お客さんである容疑者に優しく接してくれたのでしょうか。接客というお仕事柄、当然のことでしょう。

女性の何かしらの態度が、容疑者に「自分に好意がある」と思わせてしまったのでしょうか。

これは、よくあることでしょう。しかし、「付き合っている」というウソならともかく、さすがに婚姻届を出したりはしませんよね?

きっと姓が変わるので、いずれ女性にもバレたでしょう。どうするつもりだったのでしょうか。なんとかなる、とでも思ったのでしょうか。

そういう被害が起こらないように、役所でも対応策が取られているのでしょうね。

有印私文書偽造は誰でも出来るのか?

そのようです。

容疑者の以前の職業などが報道されていなかったことから、特別な資格などなくても、誰でも他人になりきれば出来ることなのでしょう。

ネット上の声

個人情報がうるさく言われるわりには、簡単に情報が手に入るようですね。

これは怖いね...
ただ、役所も2人揃って提出しないと受理出来ないとか対策するべき
全国各地で沢山ありそうだけどな
役所の業務って代理人でも簡単にいろんな物取得出来るじゃない、あれもちょっと問題あるよね

出典;yahooニュース

転出届を出したってことは、女性の住所を知っていたっていうこと?
婚姻届にお互いの住所書かなきゃいけないし、提出時には本人確認するはずだから、窓口に来なかった方の当事者にはどのみち後で区役所から確認の連絡が行ってバレる。
本籍と違う役所に提出すれば戸籍謄本がないといけないし、ひょっとすると、住民票を事前に何らかの手段で入手して本籍調べた可能性もある。

出典;yahooニュース

また、こんな意見もありました。

それにしても、こいつは仮に受理されとしたらどうするつもりだったのか?単に疑似体験ができたということで満足なのか?実は女性が気づかない程度にストーカー行為をやっていたかも。もしかしたら部屋も盗聴されているかもしれないから、すぐに調べた方が良い気がする・・・。

出典;yahooニュース

殺されなかっただけマシだという意見もおおかったです。

今回の事件で、容疑者が女性に対して、逆ギレしなければいいのですが・・・

まとめ

人に好意を持たれることを、素直には喜べなくなりましたね。

他にも知らない間に夫婦になっている人がいるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする