佐野太は、臼井正彦理事長からの甘い誘惑に負けた?

追記しました(7/10):佐野太は容疑を否認!

追記しました:東京医科大学だけではなかった?

元文部省長官が、見返りに我が子の裏口入学を求めた件ですが、詳細が明らかになってきました!この事件の場合、大学側の人物の存在が不可欠ですからね。

つまり、佐野容疑者の共犯者です。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;日テレニュース24

佐野容疑者は2017年5月、私立大学の支援事業に関して、支援対象校に選定されるよう便宜を図る見返りに、入学試験の点数に加算を受けて自分の子供を大学の医学部に合格させてもらった疑いがもたれている。

出典;日テレニュース24

問題の大学は、東京医科大学でしたね。この事件を受けて、佐野容疑者は現在「大臣官房付」に異動しました。

佐野容疑者の共犯は誰?

東京医科大学の理事長です。学長も関与していたようです。

臼井理事長は昨年5月、東京医科大を私立大学支援事業の対象とするよう当時、官房長だった佐野容疑者に依頼したという。謝礼として、今年2月に入試を受験した佐野容疑者の息子の点数を加算し、不正に合格させた疑いがあるという。

出典;産経ニュース

なんと、大学トップの理事長からの、直々のお願いだったのですね?!

そりゃ、たかだか生徒の1人を裏口入学させるなんて、チョロいものでしょう。

この2人は、取り調べに対して容疑を認めているそうなので、逮捕までは時間の問題でしょう。

追記(7/10):佐野容疑者は容疑を否認!

共犯である、東京医科大学の理事長と学長が揃って辞職したのに・・・粘っていますね?

なんと驚くべきことに否認しているのです!

大学側も本来、合格にすべきだった学生に救済処置を!と言ってみたり、調査中言ってみたり・・・佐野容疑者の出方を伺っているのでしょうかね?

スポンサーリンク

佐野容疑者は、なぜ誘惑に負けたのか?

佐野容疑者は、事務次官候補と噂されるぐらい、とても優れた人物だったのです。今回の事件を「信じられない」という人も多いそうです。

もちろん、初めは理事長からのお願いを断っていたかもしれません。

そんな人がなぜ、今回のような我が身を滅ぼすような事件を起こしてしまったのでしょうか。

理由は1つでしょう。かわいい我が子の大学入学を餌にされたからです。どんな冷静な人間でも、弱点があれば、相手にそれを握られるのです。

医学部を出れば、医者になれる!佐野容疑者にとっても、願ってもない話だったのでしょう。背に腹は変えれない選択だったはずです。

でも、事実を知ってしまった息子さんは・・・?

自分の実力で合格を勝ち取ったはずだったのに、親のコネだったと知れば、かなりのショックを受けたに違いありません。

その上、後ろ指差されているでしょうから、精神的ダメージはかなり大きいと思います。複雑ですよね。

東京医科大学だけではなかった?

これが、現状です。今回、たまたま東京医科大学だっただけの話です。

「私大と文科省はズブズブですよ。人口減少で学生数が減っても、大学側は従来通り助成を受けたい。官僚に口を利いてもらう代わりに、大学側は教授のイスなど“天下り先”を用意する。官僚側から何らかのポストを要求することも珍しくなく、見返りに応じない大学の風当たりは厳しい」(私大関係者)

出典;日刊ゲンダイ

いつもは教授のイスを用意するけど、今回は変わりのものを用意しただけだったのです。ということは、逮捕された佐野容疑者は運が悪かっただけなんでしょう。

教育って何なんでしょうね?コネが大事ということを確認することなのでしょうか。

ネット上の声

みなさんの声を紹介します。

文科省のトップがこれでは、この国の教育や将来は心配ばかり

出典;yahooニュース

文科省どころか、国のトップが心配です。

こんな声もありました。

何で在宅で取り調べ理事長、学長、こうゆう時だけ高齢者に成るんですね?

出典;yahooニュース

まったくそのとおりです。誰よりも汚いことをするのに、都合がいいときだけ、ご老人なんですね。

私立の医大だからこそ、こんな声もありました。

便宜は点数の加点だけかな?
私立医学部ならかなり学費が高いから余程高給でないと無理だろ。そっちも値引きとかされてないか?

出典;yahooニュース

理事長と学長そろってOKならば、当然ありえることです。

まとめ

知らないとシラを切っていた大学側からも動きが出てきましたね。

佐野容疑者が1人でできることではありませんので、当たり前なんですけどね。

関連記事

この事件の詳細はこちらの記事をご覧ください。→佐野太は前科ありの降格文科省長官?野党からの攻撃の言い訳は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする