山崎喜胤が長男を監禁した本当の理由は行政と近所のせい?

新情報!ようやく、市がこれまでの誤った対応を暴露し、今後の展開を発表しました。こちらからご覧ください。→ 山崎喜胤は報われた?三田市のずさんな対応と今後は?

追記:4/9 長男は失明していた・・

追記:4/8 新しく3情報を追加しました。

新情報を入手しました。以前の記事はこちらからご覧ください。

山崎喜胤容疑者(73)の事件の新情報を入手しました。虐待していた息子は容疑者の長男だったようです。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;日テレNEWS24

知的障害のある42歳の長男を自宅の敷地内にあるプレハブ小屋の木製のおりに監禁した

出典;日テレNEWS24

調べに対して、

容疑を認めている

出典;日テレNEWS24

気になる新情報は?

まとめてみました。

妻は?

2018年1月に亡くなったようです。

いつから監禁していたのか?

1992年からなので、だいたい25~26年だそうです。初めの頃は家族旅行にも連れて行っていたそうです。

監禁理由は?

暴力に耐えられなかった。また、近所迷惑だとクレームが来た。長男によって、誰かが傷つけられるのを避けた。この3点が理由のようです。

実際、壁や、食器棚、窓ガラスを壊したようです。割れたガラスが飛び散ったりすると、大ケガしますよね。

自分たちを守るためでもあったのでしょう。

母屋とオリでの生活スタイルは?

母屋で12時間、オリの中で36時間だったようです。

快適温度で生活していたのでは?

プレハブ内の強烈な臭いのために、エアコンが3回も壊れたそうです。そのため、エアコンの設置を諦め、夏は扇風機と冷えたペットボトルを与え、冬はストーブで温めていたようです。

エアコンが壊れるほどの悪臭??

簡易トイレをおいていたが、使い方がわからなかったのかもしれません。その辺で排泄するため、掃除も大変だったようです。

掃除する奥さんのことを考えて、ペット用のシートを敷いたそうです。

施設への入所は考えなかったのか?

奥さんが反対したため、入所しなかったようです。それに、行政指導もなかったそうです。

しかし、奥さんが亡くなってからは施設に入所したようです。

虐待を通報されたのはいつ?

1月に、奥さんの介護を市に相談した際に、長男のことも再度相談したそうです。

以前に、長男のことで市に相談したときには、長男はオリには入ってませんでした。ですから、長男の障がいに対する容疑者の悩みを軽く見られて、行政からは適切に対処されなかったのでしょう。

容疑者は逮捕されましたが、心の中ではホッとしたのかもしれません。

実は妹も・・

福祉のサービスを受ける必要がある障がいを持っているようです。

妹は、長男ほど暴れず、障がいも軽かったため、家族で対応できたのかもしれません。

プレハブだけではダメだったのか?

ダメだったのです。

初めはプレハブに長男を住まわせていただけのようでした。しかし、壁を叩いて、頻繁に窓を割ったようです。きっと、脱走もしたのでしょう。

特に、容疑者が仕事に出かけた後は、残された家族には長男を止めることができなかったようです。それこそ、家族の命の危険があったのでしょう。

そのため、窓に手を届かないようにするために、長男をオリに入れる必要があったようです。窓ガラスが割れるぐらいに、壁を叩くのです。近所からの苦情もかなりあったようです。

追記(4/9):長男は失明??

保護されたとき、健康状態には異常なし、と言われていましたが・・・目がほとんど見えていなかったようです。

長年による監禁生活が原因で病気になり失明した、とされていますが、どんな病気だったのでしょうか。

失明する可能性があるとして考えられる病気は、「糖尿病網膜症」でしょうか。

せまいオリに入れられて、ほとんど身動きできなかったのです。間違いなく、極度の運動不足だったはずです。

名前のとおり、糖尿病から起こる目の病気ですが、失明するのは、もう末期症状だそうです。ただ、長男は言語障害もあったようなので、父親に伝えることもできなかったでしょう。それに、父親も自分の目ではないので気がつかなかったのでしょう。

あれっ?

近所の人からの話と容疑者の話、違いませんか?

近所の人「(プレハブから)わーという声がしてた。顔も全然知りません。見たことないです」

出典;日テレNEWS24

近所のどなたからの証言かはわかりませんが・・・、他人って無責任な発言するって思いませんか?近所からのクレームも長男をオリに入れることになった1つの原因なのです。

他にも、近所の人からの証言に「容疑者は会っても挨拶しない。」というのがありました。当たり前ですよね??

そんな状況を作ってしまったのは、付近のみなさんの非協力な態度も原因かもしれませんよね。

行政の怠慢?

たびたび、市の担当者と電話相談もし、担当者も訪問しているのです。そして、長男は精神障害手帳も持っているのです!

なのに、「障害度合いがわからなかった」と行政側が責任放棄するのはおかしいでしょう?家に来て、長男と会っているのに、ですよ?

考えられることは、担当者に知識がなかったことと、職務怠慢ぐらいでしょう。そして、ちゃっかり、「虐待」だと通報だけはしているのです。

容疑者や家族にとっても、情けなくてやってられませんよね?

まとめ

容疑者に言わせると、可哀相だけど仕方なかったのです。本当にそう思いませんか?

頼るべき行政には中途半端に放っておかれ、近所からは迷惑がられ、長男が事件を起こす前に予防した、と言わざるを得ないでしょう。

最近は近所づきあいが減ったと言われていますよね。人間関係も希薄になり、協力しあうことなど、あまりないですからね。

そのことが、今回の事件にも少なからず、影響しているのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする