足立朱美、身勝手な弟が許せなかったのか?親の会社は重荷?

姉弟ケンカの果てに・・・。でも、容疑者は我慢の限界だったかもしれませんよ。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;テレ朝ニュース

足立容疑者は3月27日午後、堺市中区の実家兼会社事務所で、弟の建築会社社長、足立聖光(まさみつ)さん(40)に睡眠薬を飲ませて昏睡(こんすい)させ、トイレで練炭を燃やして一酸化炭素中毒で殺害したとして逮捕された

出典;毎日新聞

しかし、容疑者は否認しているようです。

不審点だらけの事件

① トイレで燃やされた練炭に火をつけたライターやマッチがない。

② トイレの隙間が目張りされていた。

③ 被害者の遺体から、普段飲まない睡眠導入剤が出てきた。

④ 容疑者の一人芝居と思われるビラが撒かれた。近隣に撒かれたビラにはこんなことが書いてあったようです。明らかに不審ですよね・・・

「聖光さんが父を自殺に追い込み、まんまと社長の座を手に入れた」「お姉様が犯人の可能性はない」「(お姉様の犯人扱いには)皆憤る」

出典;楽天ニュース

⑤ 被害者が知るはずないことが被害者の遺書に書いてあった。

⑥ 唯一の目撃者になり得るお母さんも、意識がなかった。

容疑者は完璧な作戦と思ったようですが、不思議に思った被害者の妻から、警察へ相談があったとのことです。

当初は自殺と思っていた事件が、一気に殺人事件へと方向性を変えたのです。逆をいえば、警察はこのトリックを見破ることができなかったのです。

ケンカの発端とは?

容疑者の会社の借金の返済が、トラブルの元だったようです。

この容疑者の会社は、もともとは親の会社です。被害者が後を継がなかったので、仕方なく容疑者が跡を継いだのです。

ここが大きなポイントです。

助けてくれてもいいよね?と思ったのではないでしょうか。

当然ながら、被害者は自分の会社ではないから、資金援助を断ったのではないでしょうか。

また、お父さんが入院することになったので、費用を用意する必要もありますよね。

ただでさえ、資金面で困っているところに、お父さんの病院代などが加わって、トラブルが大きくなったのでしょう。

もともと仲が悪かった?!

容疑者によると、被害者に取引先を取られたりしていたそうです。

本来、系列会社としてやっていくべきなのに、ありえませんよね?

本当かどうかわかりませんが、被害者から親の代からのお客さんを取ったとしたら、少し問題ではないでしょうか。

容疑者側から見ると、被害者は自分の事しか考えていない身勝手な人間と言わざるを得ないでしょう。

それに、容疑者には、被害者には隠していた親からの援助もあったようですから、親を通して交流があっただけで、2人の仲は良くなかったのではないでしょうか。

容疑者はお姉ちゃんだった!

歳がだいぶ離れている場合は、さほど問題はないでしょう。

しかし、歳が近い場合、確実にお姉ちゃんは弟の面倒を見させられます。

容疑者の実家は自営業。これは、もう当然のことといえるでしょう。

小さいときから、4つしか離れていない弟のために我慢させられたことは多かったと思います。

「お姉ちゃん」の人は、納得できる人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

キーワードは「睡眠導入剤」?

今回は、容疑者宅にあった「睡眠導入剤」がキーになったようです!

父親・・・甘酒に睡眠薬を入れた?インスリンを大量に注射?(捜査中)

母親・・・抹茶オレに睡眠薬を入れた?(健康被害は今のところナシ)

被害者・・睡眠薬を飲ませ、自殺に見せかけて殺害。(容疑者は否認)

被害者の妻・・飲んでいない。(飲ませる前だったのでしょうか?)

お母さんは助けてくれない・・・

容疑者のお母さんは、「娘の作った抹茶オレを飲んで意識が遠ざかった」と言っています。

もし、容疑者が犯人かも?とお母さんが思えば、「知らない」というのが、よくあるパターンでしょうか。

娘が犯人かも?と思えば、娘をかばいますからね。

しかし、お母さんは事実を証言しました。

つまり、お母さんは自分をかばってくれない、これが、お母さんにも薬を飲ませた理由でしょう。

昔から、容疑者のことを守ってくれなかったのでしょうね。

容疑者が押し付けられた重荷とは?

水道工事会社は足立容疑者の父親(67)が創業。後を継ぐ予定の聖光さんが2012年に建築会社を設立し、足立容疑者が15年ごろに父の後を継いだが、2人は会社の継承を巡ってトラブルになっていたとされる。

出典;毎日新聞

弟である被害者が新しく建築会社を作ったことで、父親の会社の尻拭いが全部、姉の容疑者へ回ってきたのではないでしょうか。

事実、会社は2016年には、1000万円赤字だったそうです。

さらに、親の介護もあったのではないでしょうか。

はっきりはしていませんが、お父さんが救急搬送される前日、容疑者は実家に泊まっていたようです。

いつもやっていたかは不明ですが、たまには実家へ帰って、お父さんの世話をしていたのではないでしょうか。

セレブとは程遠かった女社長?

「女社長」と聞くと、セレブな感じがしますよね?しかし、容疑者はブログに不安を綴るぐらい、経営に苦しんでいたのです。

そのことは、睡眠導入剤を服用していたことからも、感じ取れます。

親の遺産を渡したくなかったのでは?

親の後をついで、頑張った!!でも、被害者にも、親の遺産相続権はあるのです。

ふざけるな!って言いたかったのかもしれません。

ネット上の声

遺書を偽造しなければバレなかったかも。
そうだとしたらまさに蛇足。

出典;yahooニュース

よくあることですね。いらんことをしたがばかりにバレる・・・

歳を取ると兄弟姉妹って他人以上に本当仲悪くなる不思議。結局、殺しちゃったのね、、

出典;yahooニュース

上の子は小さいときから我慢さされがちです。下の子は、親に甘やかされて、わがままな子が多いかもしれません。

育てられ方が原因で、上の子が恨みを持っているのではないでしょうか。

まとめ

お家騒動、規模の違いはあれど、必ず起こるものかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする