斎藤孝史の顔画像は?仕事内容とは?小遣い稼ぎ?

副業だったのでしょうか?PC用Windows7の海賊版を転売目的で所持していた斎藤孝史容疑者(54)の事件です。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;日テレNEWS24

正規品だと4万5000円するDVDの海賊版を中国から1枚400円で仕入れ、アマゾンなどの通販サイトで1900円で販売し、10年ほどの間に約165万円を売り上げた

出典;日テレNEWS24

870枚ぐらい売り上げたのでしょうか?

調べに対し、斎藤容疑者は

容疑を認めている

出典;日テレNEWS24

斎藤容疑者のプロフィールは?

□ 名前:斎藤孝史(さいとう たかし)
□ 年齢:54
□ 職業:派遣社員
□ 住所:東京:調布市

Facebookで斎藤容疑者のアカウントを検索してみましたが、同姓同名ではあるものの、同じ漢字で登録されているアカウントはありませんでした。

検索結果だけ載せておきますので、気になる方はこちらからご覧ください。

家族は?

奥さんと子どもがいたのではないでしょうか。容疑者の年齢から考えると、子どもにも、まだまだお金がかかる時期だったのかもしれません。

少しでも、自分の小遣いの足しに・・と思ったのかもしれませんね。

派遣されていた会社は?

インターネットで物を売る会社だったと思われます。海外から安く仕入れて、日本で売っている会社だったのでしょう。

そのときに、Windowsの海賊版を見つけたのでしょう。深い意味もなく、安い海賊版を仕入れて、売ることを思いついたのだと思います。

もちろん、自分が買ってインストールしてみて問題がなかったからでしょうけどね。いきなり、性能もわからない海賊版を売るにはリスクが高すぎますからね。

斎藤容疑者の顔画像は?


出典;日テレNEWS24

ぼやけていて、はっきりは見えませんが、雰囲気はわかりますよね。

事件現場と犯行動機


出典;日テレNEWS24

現場は自宅である可能性が高いですよね?封筒に入れて送るだけの作業ですからね。

容疑者の自宅は調布市なので、地図を載せておきます。

動機は、やはり小遣い稼ぎでしょうね。副業にするには、求める利益が小さすぎますよね?だって、正規品のたった4%ちょっとの値段設定しかしなかったのですから。

4万5000円のものであれば、1万円でも十分安いのです。仕入値が1枚400円ですから、1枚あたりの利益は9600円です。

同じように870枚ほど売ると・・売り上げは、835万円以上になりますもんね!

スポンサーリンク

犯行はなぜバレた?

買った人がパソコンにインストールしたときに、不具合が起こったのでしょう。本家のmicrosoft社のサポートセンターに連絡して、海賊版であることが発覚したのでしょう。

正規品を買っても不具合があったりするものです。海賊版なら、なおさらですよね。

不良品でなくても、パソコンをよく知らない人には、ソフトのインストールは難しかったりするものです。

そこまでは、想像できなかったのでしょうね。

海賊版を持っていると?

持っているだけでは、何の罪にもなりません。

マイクロソフト社のロゴが入った「ウィンドウズ7」の海賊版DVD1枚を販売目的で所持していた

出典;日テレNEWS24

販売が違法なのです。なので、「販売目的」というのが罪に問われるです。

例えば、本のコピーなんかも同じですよね?個人で使う分には問題ないですが、商売に使うと違法というものです。

ネット上の声

今のところ、みなさんからの声は、まだないようです。追って、こちらに追記させていただきます。

まとめ

偽造コピーされた海賊版ですが、安さのあまり喜んで飛びつくことはありますよね?それを逆手に取る人はいつの時代もいますよね。

容疑者は、違法行為をしているわりには詰めが甘いように思います。きっと、たいしたことをしているつもりではなかったのでしょうかね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする