上川武の家族は?痴漢の常習犯だったのか?

また、わいせつ!今回、逮捕されたのは、大阪市の職員上川武容疑者(43)です。

スポンサーリンク

事件の概要

 逮捕容疑は4日午後9時15分ごろ、同区内の路上で、帰宅中だった女性(27)の胸を擦れ違いざまに触った疑い。

出典;時事通信

調べに対して、

「一切しておりません」と、容疑を否認している

出典;時事通信

断固、否定、という感じですね。

場所は?

大阪市天王寺区の路上です。大阪の観光名所「新世界」の近くです。

しかし、この辺りを知っていれば、「ああ・・・ありそう」と思われるかもしれません。

容疑者とは?

上川容疑者とは、どんな人物だったのでしょうか。

プロフィールは?

□ 上川武容疑者(43)

□ 大阪市天王寺区逢坂 在住

□ 大阪市人事室給与課係長

顔画像?

今のところ、公開されておりません。

SNSなどは?

Facebookでは、容疑者のものと思われるアカウントもあったのですが、断定はできませんでした。検索結果はこちらからご覧ください。

家族は?

調査の結果、お子さんがいるようです。奥さんもいて、一般家庭といわれる家族構成だと思われます。

犯行動機は?

女性の胸を触りたかったのかもしれませんし、悪いことをバレずにできたという達成感を味わいたかったのかもしれません。

容疑者は常習犯?

女性は直後に「痴漢したやろ」と指摘したが、上川容疑者は無視して歩き続けたため、被害の訴えを聞いた通行人が取り押さえた。

出典;時事通信

あなたが男性だとして、すれ違った女性に「痴漢したやろ?」と言われたらどうしますか?

何もしていなければ、いきなりそんなこと言われたらビックリ仰天!「えっ?!」と振り返るか、立ち止まりますよね?

「すーっ」って無視して、歩き続けることはないでしょう。何事もなく立ち去るということは、この行為に慣れているからでしょうね。

そして、その証拠はしっかりと、防犯カメラに捉えられていたようです。

余罪は?

たくさんあるでしょう。

ネット上にはこんな声がありました。今回の被害者に対して、ですね。

痴漢したやろって言える勇気がすごい。
恐怖心より苛立ちが勝ったのかな?

出典;yahooニュース

被害者は、とにかく腹が立ったんでしょうね?怖くて、何も言えず、容疑者の思うツボになってきた女性は、たくさんいるでしょう。

近隣の防犯カメラの映像を解析したら、余罪がいっぱい出てくると思います。

容疑者を取り押さえた通行人は勇気がある!

ネット上には、こんな声もありました。

防犯カメラに証拠が映ってたからよかったけど、英雄気取りで捕まえると、冤罪だったたらどうするんだ?逆に訴えられるぞ。

出典;yahooニュース

もちろん、通行人は被害者を助けるつもりで、容疑者を取り押さえたのです。

しかし、容疑者が犯人ではなかったら・・・?「すみませんでした」で済むのでしょうか。

たぶん、済まないでしょう。

だから、最近は事件が起こっても、見て見ぬふりをする人が圧倒的に多いのです。誰だって、事件に巻き込まれたくないですからね。

ただ、通行人は、被害者のただならぬ様子から、容疑者が犯人だと確信したのでしょう。

それでもやはり、取り押さえた通行人は、善意を持った勇気ある人には違いありません。

スポンサーリンク

そのほかのネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

「防犯カメラ、天晴!」という声が多かったです。

● 今回は防犯カメラがあったから良かったね。防犯カメラがなかったら、冤罪とか騒ぐバカがいるからね。

● 防犯カメラの映像が無かったらシラをきり通し勝ちになるところだった。
やはり防犯カメラは必要ですね。

出典;yahooニュース

こんな声もありました。

人とぶつかって胸が当たるとか人込みならあることだと思うけど
よっぽどがっつり触ってたんですね
本当に人込みの中肘が胸に当たったくらいで痴漢やろ言われて他の人に取り押さえられるところを考えたら怖すぎますね。
どれくらいがっつり触ってたのか気になる。
外を歩くときは女性に触れないように気を付けよう・・・

出典;yahooニュース

事件時の防犯カメラの映像がないので、容疑者がどんなふうに被害者の胸を触ったのか、わかりませんけどね・・・

でも、歩いている最中に、人の胸に手が当たるというようなことは無いと思うのですが。

他には、「どうせ、公務員である容疑者の処分は軽いんじゃないの?」という声も、たくさんありました。

まとめ

今回の事件は、容疑者の言い分にも少し無理があるように思います。

「この道を通るのが怖い」と思っていた女性も多かったでしょう。事件が解決して、ひとまずホッとした人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする