野田孝史、事件は妻の座を狙う女たちの犯行?

野田孝史容疑者(29)の犯行裏には、悪女のニオイがします。検証してみました。

スポンサーリンク

事件の概要

簡単にまとめておきます。

場所は白浜でしたね。


出典;FNN

去年7月、和歌山県白浜町の海で妻の志帆さん(当時28)をシュノーケリング中の事故に見せかけ殺害した

出典;FNN

容疑者と被害者は、まさかの新婚夫婦でした。


出典;FNN

新郎が野田孝史容疑者で、新婦は離婚協議中に保険金目当てで殺害されたようです。

愛人は西太后?


出典;ウィキペディア

誰、この人?と思われた方もいるかもしれませんね。皇帝の息子を産んで出世した側妃です。悪女で有名なので、ご存じの方も多いでしょう。こちらを参考にしてください。

保険金目当てで奥さんを殺害しましたが、「新居を保険金で建てる」ことは誰が思いついたのでしょうね?仮にも好きで結婚した相手ですよ?容疑者が思いついたのでしょうか?!

きっと、愛人に「早く結婚してくれないと浮気していたことを会社にばらす!」とでも言われていたのでしょうか。どっちにしろ、普通の人であれば、容疑者の行為を止めるのではないでしょうか。止めなかったのですから、容疑者と共犯と考えるべきでしょう。

あまりに身勝手で、発想がおかしいような気がします。1番おかしいのは、「殺人で手に入れた保険金で建てた家に住むことができる」という神経ですよね?

怨念や祟りがありそうで怖くないですか・・・?

この愛人、自分と子どもだけのために残酷なことを彼氏にやらせる人ですよ?かの有名な西太后を思わせる女ですよね。

そして・・この愛人、調査によると「出会い系」で知り合ったようです。新婚なのに「出会い系」、容疑者の女ぐせの悪さも、ここまで来ると理解できません。

スポンサーリンク

そして、保険金請求ができなかった理由が、こちらの事件でした。


出典;ウィキペディア

早急にお金が必要なのでしょうか。どう考えても、急いでいますよね?保険金請求まで待てずに犯罪を犯しているのですから。

きっと、もうすぐ愛人の子どもが産まれるのでしょう。

今回の事件、彼氏が逮捕されたので、愛人は犯罪者の子どもを産むことになりますね。もちろん、結婚なんてできるはずないですから、すべては夢物語で終わってしまったようです。

たとえ短い期間でも、容疑者と愛人はいい夢が見られましたね・・・。これは、自分の地位を死守した奥さんとご両親の勝ちですね!

他にも妻候補が?


出典;戦国武将列伝Ω

いるでしょう!結婚式で、永遠の愛を誓って1年も立たずに、自分から女性を探してまで不倫しているようですから、他にも愛人は何人かいるでしょう。

容疑者はどちらかというとイケメンですし、運転手という職業柄、よく気も付くでしょう。女性へのサポートもバッチリだったのではないでしょうか。

この中で、唯一、妻の座を奪い取る権利を勝ち取ったのが、妊娠した愛人だったのでしょう!

ネット上の声

殺された奥さんが可哀相すぎる、なぜ早く離婚しなかったのか?という疑問の声は多くありました。もちろん、容疑者の犯行を批判する声が1番多かったです。

ニュース見て唖然としました…結局は奥さんの保険金で次の奥さんとよろしくするつもりだったんですね…
保険金担当者もまだ支払ってはいないとのこと。不思議に思い調査したとのことですが、この点は保険会社、グッジョブでした。
何にせよ自業自得。全て失って独房で反省してください。

出典;yahooニュース

離婚協議中の若い奥さんに複数の保険金がかけられていたり、不倫相手を孕ませていたりと、これだけ背景が揃ってるのに警察や保険会社から疑われない、殺人がバレないと思ってたのが凄い。

出典;yahooニュース

プロをなめてはいけません。世の中、そこまで甘くないです。

まとめ

事実婚が認められつつあるので、結婚しても愛人を作る人は増えてくるのでしょうか。もちろん、昔のように男性に甲斐性があれば、ですけどね。

一途に配偶者だけを大切にする人、新婚時すでに不倫している人、いろんな人がいます。やっぱり、家庭環境は少なからず関係あるかもしれませんね。両親がお互いを大事にしていれば、子どももそうなるでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする