真田かよ子容疑者の犯行動機や事件経緯は?息子の介護はワンオペだった?家族はいた?

徳島県鳴門市で起きた母親・真田かよ子容疑者による息子殺害事件、

  • 犯行動機や、事件経緯は?
  • 容疑者に家族は?
  • 介護はワンオペ?

の観点から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

事件の概要と場所は?


出典;FNN

徳島・鳴門市で、体の不自由な49歳の息子を殺害した疑いで、73歳の母親が逮捕された。

出典;FNN

調べに対して、母親は容疑を認めています。

詳細は、

7日午前0時すぎ、自宅のベッドに寝ていた次男の修志さん(49)の首をロープで絞め、殺害した疑いが持たれている。

出典;FNN

事前に、ロープを用意しておいたのかもしれません。

こちらは、現場になった容疑者の自宅です。

息子が寝ていた1階の部屋が現場です。


出典;FNN

付近の地図を載せておきます。

スポンサーリンク

容疑者の顔やプロフィールは?

顔画像は今のところ、公開されておりません。

プロフィールで、わかっているのはこれぐらいでしょうか・・・

  • 真田かよ子
  • 73歳
  • 会社員
  • 3人ぐらし


出典;FNN

近所の方の印象は、気さくでいい人だったようです。

犯行動機や事件経緯は?

介護に疲れたからです。

経緯は、

体が自由に動かせない重い病気を患っている修志さんを、かよ子容疑者が10年にわたり介護していたという。

出典;FNN

容疑者は73歳。1人で、50歳の息子の面倒を見続けるには体力的にも限界があったのかもしれません。

犯行は夜中だったようです。終わりがない息子の介護を考えると眠れない日も続いていたのでしょう。

容疑者はかなり追い詰められていたのかもしれません。

他に手伝ってくれる人はいなかったのでしょうか。

容疑者に家族は?

夫と息子の3人ぐらしだったようです。

同居していた息子は次男のようです。長男は、別居しているのでしょう。

そうなれば、頼れるのは夫だけですが、果たして協力的だったのでしょうか・・・?

介護は、ワンオペだった?

どの報道でも、容疑者が介護をしていたとあるので、ワンオペだったかもしれません。

今でこそ、イクメンという言葉がありますが、76歳の夫が若いころにはそんな言葉はなかったはずです。

子供の面倒、家事は当然、妻がする!そんな時代だったでしょう。

そう考えると、夫が息子の介護に積極的に関わっていたとは考えにくいように思われます。

容疑者1人が頑張りすぎた結果だったのでしょう。

ネット上の声

介護の大変さをご存知の方からの声が多かったです。

73歳といったら介護される立場の人もいるわけで。。。
体力や気力の衰える中の介護は疲れたなんてものではなかったはず。
結局、こういう方を救う手立てを考えていかないと、日本全体の閉塞感はなくならない気がする。

出典;yahooニュース

育児にしろ、介護にしろ、孤立してしまうことが、最大の社会問題なのかもしれません。

部落の担当の民生委員、役場の人に相談して、施設に入居出来たら避けられたかも。障害者介護してる家把握して家庭訪問してもらいたかった。
老人施設より、格段に少ない障害者施設。
両親が高齢、虐待の可能性あると入居しやすくなるし、費用も生活保護段階だと数万円かな。でも年金だけではキツイか。

出典;yahooニュース

金銭的な問題も重要ですよね・・・

まとめ

誰かを犠牲にして、1人の面倒を見るということを辞めるシステムを作らなければ、永久に解決できない問題のように思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする