名古屋市立病院医師切りつけ事件、動機は恨み?待ち時間の長さ?ドクハラ?

何があったのでしょうか?病院で、医師が切り付けられた事件がありました。この事件は、捜査中です。新しく情報が入り次第、追記させていただきます。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;TBS

「男性医師が刃物で切りつけられた」と警察に通報がありました。

出典;TBS

犯人は取り押さえられ、逮捕されたようです。

現場は?

名古屋市立大学病院内だそうです。

犯人は?なぜ犯行を?

犯人は、救急外来の患者だそうです。しかし、刃物で医師を切り付けたぐらいなので、緊急を要する患者ではなかったでしょう。

問題は、なぜ刃物を持っていたか?なんですが・・・

恨みがあった?

刃物を持っていたということは、計画的であったと考えられますよね?それに、一刻も早く、医師に会うために、救急外来へ行ったのでしょうか。

医師がどんなに頑張っても、人の命を救えなかった場合には、患者の家族から逆恨みをかうことがあるそうです。

もしかすると、犯人の家族の主治医が、切り付けた医師であったということも考えられます。

仕方がなかったとはいえ、愛する人を亡くした悲しみのやり場がなく、犯行を起こしてしまった可能性もあります。

スポンサーリンク

他に、考えられる理由としては、2つでしょうか。

待ち時間が長かったから?

救急外来に行くぐらいなので、早く診察してほしかったことには、違いありません。

が、名古屋は連日の猛暑。本当に、熱中症で生死をさまようような患者さんもいたでしょう。救急車搬送も頻繁に行われていたかもしれません。

となると、必然的に元気そうな犯人の順番は後になりますよね?後というよりは、救急ではなく、一般外来の方に回されたと言った方がいいでしょうか。

この待ち時間に我慢できなかったのではないでしょうか?そんな馬鹿な・・という理由ではありますが、「待たされる」というのはイライラするものです。

犯人が切り付けたのが、診察してくれた医師なのか、たまたま通りかかった医師なのかはわかりません。

しかし、動機として考えられるのではないでしょうか。

担当医師の言葉が気に入らなかったから?

本人は「重病」と思っているのに、医師に「たいしたことがない」と言われたかもしれません。

ドクハラという言葉があるように、無神経な発言をする医師も少なからずいます。この場合は、診察中に切り付けた、ということになりそうですが、どうでしょう。

いずれにしろ、腹が立った勢いに任せて、刃物を振り回したのでしょうか。

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

また名古屋︎
医師の対応にも問題があるのかもしれないが、逆上して斬りつけるのは酷すぎる。
モンスターペーシエントが名古屋には多いの?

出典;yahooニュース

名古屋は、こういうことがよくあるのでしょうか・・・?

病院の対応や医師が全て正しいとも言えない”

出典;yahooニュース

忙しいときなんかは、誰でもキツイ口調になったりしますからね。場合によっては、こっちが必死に言っても、あしらわれてムッとすることもあるでしょう。

まとめ

一体、何があったのでしょうね?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする