三重・津市での携帯電話違反事件、なぜ逃げた?逮捕できるのか?

追記(7/3):犯人逮捕!

また、警察からの逃亡劇が起こったようです。今回は、三重県の国道で起こった事件です。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;CBCニュース

1日午後6時5分ごろ、津市の国道23号で、乗用車がパトカーの制止を振り切って片側2車線の道路の車線をまたいで走り、12台の車に接触しながら逃走した。

三重県警は当て逃げ事件とみて、逃げた乗用車の行方を追っている。

出典;朝日新聞デジタル

現在、捜査中とのことですが・・・

経緯は?

① パトカーに乗った警官が、携帯電話で通話しながら運転している車を発見!

② 警官が運転手に止まるように指示した。

③ 運転手は無視して、逃げた。

④ 現在、逃走中。

状況はラッキーすぎた?

犯人の逃走劇に巻き込まれて、ケガ人が1人もでなかったというのは、ラッキーだとしかいいようがありません。決して、犯人の運転が神業だったなんて、バカなことはありえません。

まるで、サイレンが鳴っている救急車のように、片側2車線の道路の走行車線と追い越し車線の間を通過したのです。

途中の交差点でUターンしたとのことですが、反対車線でも、2車線の間を走り続け、合計10台の車に接触したようです。

現場は?

上浜町3丁目の大きな交差点です。確かに道路幅も太かったこともあり、犯人は逃げ切れたのでしょう。


出典;CBCニュース

付近の地図を載せておきます。

スポンサーリンク

犯人は、なぜ逃げたのか?

もちろん、警官に捕まりたくなかったからでしょう。

犯人が、どれぐらい危険な運転をしていたかはわかりませんが、重くても罰金は9000円、マイナス1点です。

しかし、これだけでは、そこまで罪が重いわけではないですよね?逃げた方がよっぽど罪が重くなりますからね。

と、いうことは

□ 車が盗難車である。

□ 飲酒運転

□ 薬物使用

が、理由でしょう。

犯人を逮捕できるのか?

逮捕できるでしょう。

灰色のセダンに乗っていたということですが、ナンバープレートが分かり次第、犯人は捕まると思います。

それに、犯人は何台もの車にぶつかったわけですから、誰かしらのドライブレコーダーにしっかりと記録されているでしょうしね。

「Fシステム」は使用されるのか

使用されるかもしれませんし、そこまでの必要がないかもしれません。

「Fシステム」とは大阪府警が開発した、逃走車を追跡するシステムです。

このシステムは、主にひき逃げ犯を捕まえるために開発されたようですが、今回のような事件でも有効活用できるでしょう。

こちらの記事もご覧ください。→島津砂智子、逃げた理由とひき逃げ防止「Fシステム」とは?

あちこちに防犯カメラも設置されているでしょうが、このFシステムは、かなり力強い味方です。

追記(7/3):犯人逮捕!

犯人が逮捕されました!

鈴鹿市に住むペルー国籍の19歳の少年だったようです。

逃げた原因は、無免許だったため、だそうです。

ケガ人はいた?

当初、ケガ人はいなかったということでした。が、55歳の女性が首などを打つケガをしていたということです。

流血していなかったので、スルーされてしまったのでしょうか。他にも、ケガをされた人がいると懸念されますよね。

ネット上の声

最近はハイ分かりましたって捕まるヤツがいなくなった、検挙方法も考えた方が良いな。

出典;yahooニュース

逃げるが勝ち!と考える人が多くなったのでしょうか。実際、逃げ得をしている人もいるようですしね。

たらたら追いかけても被害がひろがるだけやし、結局逃げられるし、それならパトカーぶち当ててでも止めて欲しい。ここまでして逃げるということは凶悪犯かもだろう。そのための税金なら惜しみ無く払います。警察の方頑張ってください。

出典;yahooニュース

お金はともかく、警察はもっと強硬手段に出てもいいと思います。なめられているように思います。

こちらにも、同じような声がありました。

最近の警察は逃げられてばかり。
後日逮捕してるケースもありますが、逃げられてるケースもありますよね。
頼りない。

出典;yahooニュース

まとめ

最近、同じような事件は多いように思います。

追いかける警官が、犠牲者を出さないように躊躇する心を逆手に取った行動なのでしょうね。

逃げ切る人がいるので、ちゃんと払うのが馬鹿馬鹿しいと思ってしまうのでしょうか。いいかどうかは別として、わかりますけどね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする