小林千秋容疑者の顔画像は?だらしない生活の果てに・・・

4月の桜が舞うこの季節に、不幸な事件を起こした小林千秋容疑者(42)です。親に殺された女の子は、誰かにだっこしてもらうこともなく、冷たくなってしまったのです。

スポンサーリンク

1. 事件の概要は?
2. 容疑者のプロフィールは?
3. 容疑者の顔は?
4. 事件現場と犯行動機は?
5. 容疑者の生活スタイルは?
6. みなさんの声
7. 最後に

事件の概要


出典;TBS NEWS

前橋市の老人保健施設の入り口に女の赤ちゃんの遺体を紙袋に入れて置き去りにし、遺棄した

出典;TBS NEWS

調べに対し、小林容疑者は

「私がやったことに間違いない」と容疑を認めた

出典;TBS NEWS

小林容疑者のプロフィールは?

□ 名前:小林千秋(こばやし ちあき)
□ 年齢:42
□ 住所:不定
□ 職業:無職

Facebookで小林容疑者のアカウントを検索してみました。同姓同名が多く、本人のアカウントと特定できるものはありませんでした。

気になる方はこちらからご覧ください。小林容疑者のFacebook検索結果だけ載せておきます。職も家もない容疑者が、携帯電話を持っているとは思えませんが。

小林容疑者の顔画像は?

今のところ公開されておりません。新しく情報が入り次第、こちらに追記させていただきます。

事件現場と犯行動機は?


出典;TBS NEWS

報道にあった、前橋市の老人保健施設です。

こちら(↓)が入り口になるのでしょうね。ここに、赤ちゃんが捨てられたようです。


出典;TBS NEWS

出産した公園はココです!この老人保健施設の近くの公園です。


出典;TBS NEWS

光が丘1号公園です。周辺の住宅から見ても、間違いないでしょう。

地図も載せておきます。

容疑者が出産した4月1日の気温は少し低かったので、遊んでいる子どもたちも少なかったのかもしれません。

付近にお住まいの方もそうですが、近いところで不気味なことが行われているのが怖いですよね。

犯行動機ですが、

「処置に困り供養してもらいたかった」と供述している

出典;TBS NEWS

我が子を見殺した親が「供養」だときれい事を言っていますが、処置に困ったのは事実でしょう。

あくまでも想像ですが、老人保健施設の入り口に赤ちゃん入りの紙袋を置いたときは、赤ちゃんはまだ生きていたのでしょう。でなければ、人目に付くところに置かないでしょう。

それとも、本当に赤ちゃんは亡くなってて、供養してほしかったのでしょうか。埋めるだけなら、自分で埋めることはできるように思います。

しかし、残念ながら、4月1日は日曜日でした。職員の出入りも少なかったのではないでしょうか。

容疑者はどんな暮らしを?

野宿か、安ホテルのようなところでしょう。住所が不定なので、フラフラとその日暮らしをしていたと思われます。

それに、無職とはいえ、生きるためには最小限のお金は必要です。日雇い労働のような現金をすぐにもらえるような仕事をしていたのかもしれません。

その日その日を何気なく過ごし、意気投合した相手と子どもができるような行為を、日頃からしていたのでしょうか。

ただ、42歳は比較的妊娠しにくい年齢でもあります。妊娠したのは容疑者にとっても想定外だったでしょうね。しかし、相手の男性の素性もわからないでしょうから、妊娠したことを相談できるはずありませんよね。

だから、今回の事件に至ったのでしょう。

ネット上の声

「こんな事件、もう見たくない!」という女性からの声が数多くありました。ご自身の出産経験と今回の事件が重なったようです。

このような意見もありました。

コウノトリを知らなかったか
特定妊婦として行政も把握していなかったのだろう

出典;yahooニュース

妊婦健診を一度でも受診すれば良かったのですが、子どもを産み捨てるような人は受診していないことが多いようです。

ですので、行政が把握することは極めて難しいでしょう。

お前の一存で赤ちゃんの運命は決めれん
ゆりかご病院に行ってれば赤ちゃんは助かった

出典;yahooニュース

その通りです。せめて、赤ちゃんを生かすことぐらいは出来たはずです。生きることができれば、赤ちゃんが自分の未来を切り開くかもしれないのです。

まとめ

相変わらず、なくならない犯罪の1つですよね。

男女とも、猫のように避妊させることができれば、これ以上悲しい出来事は起こらないのでしょうが、絶対に不可能ですよね。

対策としては、女性に護身用として避妊具を無料配布するしかないでしょう。出産は命がけですからね。そして、もっと身近に、産まれた子どもを預ける窓口が必要なのかもしれませんね。

しかし、その子どもが大人になったとき、やっぱり同じ行動をしてしまうと思います。それが、遺伝ですよね。負の連鎖と呼ばれるものでしょう。

小学生で習うはずですが、大人になっても、命について考える機会を増やすべきなのでしょうね。命の大切さがもう少し理解できれば、このような事件を含め、命を粗末にする行動が減るのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする