柿沢貴裕外野手、犯行動機は生活苦?!背伸びしすぎた成れの果てでは?

追記しました(7/8):柿沢容疑者逮捕!

子供たちに夢を与えるプロ野球選手!柿沢貴裕外野手(23)の事件です。

スポンサーリンク

事件の概要と、その経緯は?

プロ野球・巨人は7日、同僚選手らのバットやグラブなど約110点を盗んで売却していたとして、柿沢貴裕外野手(23)との契約を解除した。

出典;毎日新聞

球団の調べに対して、柿沢選手は行為を認めているそうです。

経緯はこちらです。

① 6月下旬、巨人の他の選手が、ネットオークションで仲間のユニホームが出品されていることに気づく。

② マネージャーを通じて、球団に報告

③ 球団が調査

④ 神奈川県川崎市内の球団施設の防犯カメラから、柿沢選手の犯行が発覚!

⑤ 7月7日、巨人が柿沢選手との契約を解除。

同僚のものを売りさばき、獲得した金額は100万円ぐらいだそうです。生活に困っていたわけですから、いい副業になったのでしょうか。

柿沢貴裕外野手のプロフィールとは?


出典;ウィキペディア

□ 鹿児島県生まれ

□ 2013年 鹿児島・神村学園高からドラフト6位で楽天に入団。

□ 2017年 トレードで巨人軍へ移籍。以降、二軍選手。

□ 年俸推定 650万円

巨人軍の選手でも、二軍選手だと年俸もこれぐらいなんですね・・・

犯行動機は?

本人が言う通り、生活費に困窮していたからでしょう。

消費者金融からも借り入れがあったようです。

スポンサーリンク

背伸びしすぎた成れの果てでは?

みなさんは、「巨人の野球選手」と聞けば、どんなイメージを持たれますか?

「金持ち」というイメージではないでしょうか。

しかし、それはあくまでも、一軍でバリバリ活躍している選手ですよね?

この生活に慣れてしまったら、「戦力外通告されたあとの生活は耐えられないものだ。」と聞いたことがあります。

でも、それは失礼な話ですよね?一般の人は、耐えられないと言われているような生活をしているのですからね。

年俸650万円とすると、年収650万円ですよね。

去年2017年のサラリーマンの平均年収はだいたい418万円です。保険代とかいろいろ差し引かれても418万円より上の金額になりませんか?

生活苦というのは、あくまでも「野球選手の世界」での話なのです。

そりゃ、一軍の選手たちを見ていれば、同じことをやりたいですよね?誰だって、そうですよ。

無理して、背伸びしてしまったがために、サラ金のお世話にならないといけなくなってしまったのだと思います。

それに、この柿沢選手、最初の初任給をすべて、とある高校に寄付したそうです。

もちろん、素晴らしい行為ですよ。でも、考えてみてください。

給料を人にみんなあげちゃって、その月はどうやって生活するんですか?こういうことを繰り返すと、そりゃ、お金なんてすぐになくなってしまいます。

否定はしませんが、素晴らしい行動でも、身分不相応だったのではないでしょうか?

余裕ある一軍選手たちに感謝!

今回の事件、被害選手や球団が通報していれば、警察沙汰になったでしょう。

つまり、柿沢選手は容疑者と呼ばれるはずだったはずです。

しかし「契約解除」でとどまった。これは、最も甘い対応だったはずです。周知の事実だとしても、前科にならなかったのですからね。

追記(7/8):柿沢容疑者逮捕!

当然ながら、世の中、そんなに甘くなかった!しっかり、被害届も出されておりました。

神奈川県多摩署は8日、元巨人選手の柿沢貴裕容疑者(23)を逮捕した。

逮捕容疑は6月21日午後7時ごろ、ジャイアンツ球場(川崎市多摩区)のロッカールームで、2軍選手の試合用ユニホームの上着1枚(2万円相当)を盗んだ疑い。

出典;スポーツ報知

防犯カメラにしっかり映っていたようです。

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

売る人も悪いけど、知ってて買う人も悪いということでしょうか。勝った人は「売り物を買って、何が悪い?」というかもしれません。

しかし、この後、とんでもない値段で出回りそうですね。

ファンの人からの、もっともな意見です。

柿沢情けない。
普通に犯罪だろ。善悪もわからないのか?賭博、SNS、そして今度は窃盗。巨人ファンはガッカリです。

出典;yahooニュース

やはり、お金の使い方に問題があるのでは?という声もありました。

● 普通の人より貰ってるのに、遊び過ぎとしか言えない。
これからは、普通以下になるけどな

● どういうお金の使い方してんだろ

出典;yahooニュース

まとめ

花のある世界に見えて、裏側はそうではない。そんな感じがします。

ただ「野球選手になりたい!」と、純粋に夢を追う少年たちを失望させてほしくないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする