鹿児島三反園知事の事件、謝罪する可能性あり?被害者(添乗員女性)は八つ当たりされただけ?

追記しました(8/1):言い訳会見を開く。

これは、仮にもトップにつく人間の行動ではありませんよね?パワハラもいいとこです。鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事が添乗員女性を怒鳴りつけた事件です。

スポンサーリンク

事件の概要

場所は日本から遠く離れたブラジルです。

22日の県人会幹部主催の懇談会で、県議長が締めくくりのあいさつをしている最中、席を外していて戻った知事が突然、女性を呼び捨てにして「誰が会を閉じていいといった」などと大きな声で叱責(しっせき)。

出典;西日本新聞

問題すぎる知事の行動!!

この部分は大問題でしょう。

知事は翌日、議長に「お騒がせした」と頭を下げたが、女性への謝罪はないという。

出典;西日本新聞

謝らないのは、悪くないと思っているからでしょう。

県議長とは、これからも付き合いがあるでしょうが、女性とは付き合わなくていいのです。だって、添乗員の方はいっぱいいますからね。

知事なら、お気に入りの添乗員を指名することも、外すことも簡単にできるでしょう。偏見ですが、この知事ならやりかねないでしょう。

そして、取材も拒否していますしね。知事様は、そんなにえらいのか?と県民のみなさんは、思われたのではないでしょうか?

追記(8/1):言い訳会見を開く

31日の釈明会見で、こんなことを言ってたようです。

三反園知事は会見で「あいさつ回りが途中だったので、驚いて大きな声で言ってしまった」と釈明。女性社員にも謝罪したという。ワインを飲んでいたが、「酔っ払ってはいなかった」と話している。

出典;朝日新聞デジタル

まあ、言い訳と謝る以外の方法はないのですから、これでひとまず解決ということですかね・・・

女性はとばっちりを受けただけ?

名前まで呼ばれて、怒鳴りつけられた女性ですが、添乗員ですよね?

世話役とはいえ、付き添いであり、会の責任者のはずがありません。司会をしていたわけでもないでしょう。

知事は自分が中座している間に、会が進行していたのが気に入らなかった。でも、あたり散らせる人が、女性の他にいなかった。ただ、これだけでしょう。

知事にとって、県人会のみなさんは、大事な方でしょうからね。

だから、何の罪もない女性に八つ当たりしたのではないでしょうか。いきなり、怒鳴られてビックリしたでしょう。かなり酔っていたのかもしれませんが、ありえないことです。しかも、謝罪はなしです。

ブラジルまでお供するのです。この女性は、数多くいる添乗員の中でも選ばれた方だったでしょう。しかも、かなり優秀な方だったと思いますよ。

スポンサーリンク

前科あり?

以前にも、こんな不祥事があったようです。

■2016年12月9日、県議会の自身が提案した議案の審議中に公式フェイスブックに投稿。

■2016年7月の選挙運動費用収支報告書において、単純な誤字脱字を除いて、少なくとも135カ所に上る事実と異なる記載がなされていたことが判明。

出典;wikipedia

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

もともと裏表があり、自分より立場の上の人間にはペコペコし、下の人間を罵倒するような人物だったのですね。

もともと怪しまれていた数々の行いに加えての今回の行動、知事の椅子も危なくなったかもしれませんね?

地元の方からは、「どうしようもない」といった声もありました。

まとめ

女性が受けた心の傷は並大抵のものではないでしょう。もしかすると、添乗員というお仕事を辞めてしまっているかもしれませんよね?

知事様なので、権力を振りかざしているのが、よくわかりますよね?

地元のみなさんから選んでもらったというのは、もう忘れてしまったのですね。お得意の「記憶にございません」ですね。

しかし、しばらくすると「申し訳ない」と謝ってきますよ。やっと勝ち取った知事の椅子、大事ですからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする