西山和貴の家族やSNSは?防犯カメラが、10年も介助していた女性への裏切りを証明!

追記しました(7/14):容疑者の顔画像が公開されました!

最低な行為ですよね?ヘルパーの立場を利用して、強制わいせつ容疑で逮捕された、西山和貴容疑者の事件です。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;日テレ24NEWS

2日朝、東京都江東区の女性の自宅で、食事やマッサージなどの介助を装って胸を触ったり、キスをするなどのわいせつな行為をした

出典;産経ニュース

調べに対して、

「弁護士と相談してから話します」などと供述している。

出典;産経ニュース

「やってないことはやってない!」と言えばいいのに、卑怯ですね。

まあ、しゃべることができない女性に対して、わいせつ行為をしていること自体、卑怯極まりないですけどね。

それに、うっかり、自分に不利なことを供述してしまったら最後ですからね。

ヘルパーという職業柄、「触った」「触っていない」というトラブルはよく起こるでしょうから、対策として弁護士が控えているわけですね。

現場は?

東京都江東区にある被害者宅です。

付近の地図を載せておきます。

西山容疑者のプロフィールや家族は?

プロフィールはこちらです。

□ 西山和貴(かずたか)

□ 63歳

□ ホームヘルパー(訪問介護員)

□ 東京都港区海岸 在住

家族はどうでしょう?結婚していても、子供はいないかもしれません。

子供より若い年齢の女性にわいせつ行為をしようと思わないと思うのですが・・・

とはいえ、娘より若い人と再婚したり、不倫したりする人もいるので、なんともいえません。

西山容疑者の顔画像やSNSは?

容疑者の顔は今のところ、公開されておりません。

Facebookを検索したところ、容疑者名で登録されたアカウントがありました。しかし、容疑者本人のものかは特定できなかったので、公開は差し控えさせていただきます。

検索結果はこちらです。気になる方は、ご覧ください。

追記(7/14):容疑者の顔画像が公開!

こちらが、容疑者になります。


出典;日テレ24NEWS

胸の下の筋肉をほぐすマッサージをしたようですよ?よくまあヌケヌケと・・・

スポンサーリンク

お父さんの読みは正解!

被害者のお父さんが、不審に思っても、被害者はしゃべれないために、容疑者の言葉を信じるしかなかったのでしょう。

事件の1週間前、女性が介助中に声を上げたため、不審に思った父親が部屋にカメラを仕掛けたところ、犯行の様子が写っていたという。

出典;産経ニュース

お父さんとしても、大人の女性になってきた娘を、容疑者に介護してもらうことに、少し抵抗があったのかもしれません。

しかし、何もトラブルになっていないのに、娘が大きくなったからといって、担当を替えてもらいにくいでしょうしね。難しい問題です。

悲しい裏切りだった・・・

被害者はお父さんと2人暮らしだったそうです。

10年も前から、容疑者は被害者の介助をしていたそうです。もう、信頼していた家族のような関係だったでしょう。

だから、被害者のお父さんも、想像は出来ても、信じがたい事実だったと思います。

さすがに、10年間、娘の世話をお願いしていた人物に裏切られたショックは大きかったのではないでしょうか。

お父さんは、何も気づかなかった自分を責めるかもしれません。でも、手遅れではなかったように思います。

この事件、何が怖いかというと、容疑者が子供の頃から介助していた被害者を、いつの間にやら女性として、いやらしい目で見ていたことですよね。

鳥肌が立ちます。源氏物語の光源氏じゃないんですから、やめてほしいです。

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

こちらは、介護職の方からの声でしょうか。

障害者施設で働いてるけど、こういうの本当に勘弁してほしい。こういう事件が起こると、女性障害者の家族から、男性職員には触らせないでほしいという要望が増える。
体の大きい人だと、ベッドや車椅子の移乗は女性職員だけでやるのは本当に大変なのに。

出典;yahooニュース

確かに、力仕事でもある介護職に男性の力は必須ですからね。事件により、男性職員に偏見を持たれるのは迷惑です。

こんな声もありました。

女児や障害者の女性相手の性犯罪の罰則を強化すべき。
異常な性犯罪は薬物療法、GPS装着義務などを議論すべき。

立憲民主党(初鹿 明博と青山 雅幸)の強制わいせつ疑惑があるから
性犯罪の議論に慎重であるというのは本当に卑劣である。

出典;yahooニュース

日本社会が、すでに大問題なんでしたね・・・。政治家などのセクハラ問題もすごかったですしね。

まとめ

よく面倒を見ているから愛着がわいたのかもしれません。それが、間違った方向であったことが残念です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする