埼玉から奈良まで?平田雅俊は少女に自由をくれた相談相手?

全く下心がなかったのかは???ですが、平田雅俊容疑者(36)の事件です。詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;TBSニュース

インターネットゲームで知り合った奈良県内の10代後半の少女を1週間にわたって誘拐したとして、埼玉県に住む36歳の男が逮捕されました。

出典;TBSニュース

調べに対して、容疑者は

「間違いない」と容疑を認めている

出典;TBSニュース

事件の経緯

① 少女とインターネットのゲームを通じて知り合う。

② 少女から「家出したい」と相談を受ける。

③ 5/17 容疑者宅(埼玉県)から奈良市まで、少女を車で迎えに行く。

④ 容疑者宅で一緒に過ごす。

⑤ 5/23夕方 容疑者宅で少女が発見される!

平田容疑者とは?

プロフィールは?

□ 平田雅俊(ひらた まさとし)

□ 36歳

□ 会社員

□ 埼玉県蓮田市 在住

 付近の地図を載せておきます。

顔画像は?

今のところ公開されておりません。新しく情報が入り次第、追記させていただきます。

SNSは?

Facebookで、本人のものと特定できるアカウントはありませんでしたが、気になる方はこちらからごらんください。

家族は?


出典;TBSニュース

少女と同居できたので、一人暮らしだったようですね。

犯行動機は?

「家出したい」少女を助けてあげたかったのでしょう。

少女は本当の年齢を言ったのか?

これは、一番問題になるところでしょう。

少女がもし、容疑者に20歳以上だと言っていれば・・・・少女は容疑者を騙したということになりますよね?

実際、少女が実年齢より上に見えた場合、容疑者は少女の年齢を知らなかったという可能性もあります。

だって「成人だよね?」なんて、あえて確認する人はいないでしょうから。

少女は容疑者好みだった?

そうだと思われます。

蓮田市にある自宅から奈良市まで、高速道路を使っても、車で7時間ほどかかります。

知らない子をわざわざ迎えに行くのですよ?少女が、タイプだったことは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

なぜ、少女は家出を?

両親といざこざがあったのでしょうか。何もかも嫌になったのでしょうか。

そんな彼女が、勝手に家を飛び出さずに、容疑者からのお迎えを待ったということは、お嬢様育ちだったのかもしれません。

家にいたくなくて、出ていってしまう少女はたくさんいるようですからね・・・

少女に相談相手はいなかったのか?

 全くいなかったわけではないでしょう。ただ、少女が求める答えをくれる人はいなかったのかもしれません。

周りの人に「家出したい」と言っても、「何言ってんの?」「家を出て、どうするの?」という答えが返ってくるでしょう。

「じゃあ、迎えにいくよ!」と答えたと思われる容疑者の態度は、少女にとって魅力的だったでしょうね!だって、自分のために、わざわざ迎えに来てくれるんですよ!

1週間は少女にとって天国だったかも?

おかしな話ですが、おそらくそうかもしれません。

親に干渉されることもなく、ゲーム三昧な日々だったのでしょうか。そりゃ、極楽ですよね?

発見されたときは、容疑者は留守だったようです。仕事だったのでしょうか?比較的、自由に過ごしていたかもしれません。

しかし、両親にとっては地獄の日々だったでしょう。気が気じゃなかったでしょう。

なぜ、発見されたのか?

泣き声がしたわけでもなく・・なぜでしょうか?

きっと、容疑者が留守の間に、外に出たのかもしれません。

奈良と埼玉では、使う言葉が少し違います。おそらく、そこから話が深掘りされたのでしょう。

ネット上の声

今回の件、容疑者に対する批判は、少なかったようです。

家出したい気持ちを汲み取れなかった親もどうにかしないと。子どもがかわいそう。

誘拐した男と家出の少女が合意しても未成年だと親の同意がないと誘拐判定になる。

出典;yahooニュース

また、容疑者を擁護する声も、多くありました。

断固として男を擁護する!
まず誘拐って言葉のイメージは無理やり拉致するってのが普通
なのにこういう事件では女のこ側から誘ってるのが多い この件も女から誘ってる 誘拐とかで逮捕するな!

10代後半を少女ってのも違和感 体も考えももう立派な女 18から社会でて働いてる女もいっぱいいる

出典;yahooニュース

義務教育が終わっている年齢ですからね。一人前の女性と扱うべきなのかもしれません。

まとめ

今回は、少女が無事でラッキーとしか言いようがないでしょう。

見ず知らずの人に助けを求め、運が悪ければ殺されたり、暴行される・・・悲しい世の中です。

しかし、そのことを理解するのには、少し幼いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする