鹿嶋学は同僚を暴行?友人はいるのか?事件真相は?

女子高校生殺害事件で逮捕された鹿嶋学容疑者(35)の同僚友人関係を調べてみました。事件真相についても少しずつ解明されてきました。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;日テレNEWS24

2004年10月、廿日市市の民家で、当時高校2年生の北口聡美さん(当時17)が若い男に刃物で刺され、死亡したもの

出典;日テレNEWS24

事件現場からは容疑者のものとみられる指紋が採取されており、今月上旬、山口県内の暴行事件で捜査していた30代の男と指紋が一致。また、現場から採取した男のDNA型も一致しているという。

出典;日テレNEWS24

そして、これが、鹿嶋容疑者ですね。


出典;FNN

同僚を暴行?

今月初め、勤務態度が悪いと同僚の尻を蹴り、同僚に通報された

出典;日刊スポーツ

こちらが、14年前の女子高生殺害事件とは別に書類送検されていた暴行事件の内容です。

お尻を蹴って通報され、取り調べまで受けたということは、同僚は女性だったのではないでしょうか?

同僚が男性の場合は、単にトラブルで終わりそうな気もするのでしょうけどね・・。通報されることもないかもしれません。実際はどうだったのでしょうね?

どちらにしろ、同僚は後ろから蹴られてケガをしたかもしれませんよね。

書類送検

捜査の権限が警察から検察へ移ることを言い、刑の重さをいうものではありません。

よく書類送検だから、軽い事件だと認識されることが多いようですが、本格的な取り調べはこれからとなるわけです。

つまり、今回の同僚への暴行事件の捜査もこれからというわけです。

スポンサーリンク

友人関係は?

中学校からの友人もいるようです。容疑者は今、35歳なので、20年以上の付き合いになりますね。

友人からの証言だと、

「急に人が変わったような感じになるときもありますけど、おとなしいので、わからないですね」、「車に乗ったとしても、そのまま猫をひいたりとか。びっくりしました」

出典;FNN

だそうです。車に乗せてもらって、道にいる猫を避けることなくひいたりすると、確かにびっくりしますよね。友人にとっても衝撃的な一場面だったでしょう。

事件真相は?

容疑者が言うには、「通りすがりの犯行」であり、事件現場の広島県廿日市まで、バイクで行ったそうです。広島県内に住んでいたわけではなかったようです。

事件発生前後に不審なバイクが目撃されていたようです。土地がら、ご近所付き合いが多く、見かけない人や乗り物などに反応する人が多いのかもしれません。

しかし、通りすがりで離れの二階にいきなり上がるでしょうか?証言には少し無理があるように感じます。

そして、さらには容疑者は全く反省していないというのです!未来ある女子高生をメッタ切りにして殺しておいて、です。実際、殺意あっての犯行ですからね。

ただ、たまたま犯行に及んだのが14年前の10月5日、被害者宅の近くを通りかかったときだったのであって、それ以前からずっと殺意はあって機会を狙っていたというのが、正しいでしょう。

ネット上の声

これを言っちゃあ、おしまいですが・・・

犯罪者が「反省しています」と言うのは刑罰を軽くしてもらうために言ってるだけで、本当に反省している凶悪犯罪者なんていないよ。

出典;yahooニュース

被害者家族のために、嘘でも言って欲しい、といったところではないでしょうか。

こんな意見も。

いつも日本の報道を見ていて思うんだけど
殺人を犯した加害者が
反省の言葉がない!とか
反省してるとか!
それが被害者に何の関係があるんだよ!
うわべで、謝罪をしましただけで
死刑が懲役20年に下がるのがおかしいだろう!
日本の1番の犯罪人は司法関係者だと
国民はみんなわかっている!
金だけもらって無責任な判決!
過去の判例に照らして!?
過去のデータに合わせるなら
裁判官や裁判員はいらない
AIのコンピューターに任せておけば良い!
裁判を開くだけ血税の無駄だよ!

出典;yahooニュース

まったくそのとおりです。私たちの税金はいつも、無駄遣いされているようです。エコに使っていただきたいものです。

警察に対しても、こんな意見が。

結局、警察は組織ぐるみで都合がいいことしか公表しませんからね。口合わせもピッタリです。だから、警察に対しても不信感はぬぐえませんよね。

関連記事

鹿嶋学の顔画像は?事件の詳細は?捕まらなかった理由は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする