asicsから「桜デザイン」ランニングシューズ発売!

桜の季節に先立って、asicsからランニングシューズが発売されることになりました。

スポンサーリンク

サクラコレクション


出典;spology

シューズ全体が桜をイメージしたデザインになっていますよね。

とはいえ、女性用だけでなく男性用も用意されているんですよ。

男性用は桜色ではなく、少し茶色味がかった白色を基盤にアクセントの紺色が美しく映えたデザインになっています。

女性用は基盤の色にも桜色を混ぜ、白色をアクセントにしています。

春を色濃くイメージしたデザインで、ウキウキした気持ちで運動を楽しんでほしいと企画されたシューズのようです。

もちろん、ランナーのレベルに合わせて3種類のシューズが用意されていますよ。

普段使いもOK!

GEL-KENUN(ゲルケンウン) SP。

足の甲にあたる部分には縫い目がない素材を使っているので、足によくなじむように作られています。

また、かかとの周りには、クッション性があるゲルといわれる大きな衝撃緩衝材が使われており、足にかかる衝撃が緩和できるようになっています。

どのレベルのランナーにも対応!

GEL-NIMBUS (ゲルニンバス )20 SP。

「NIMBUS(雲)」の上を颯爽と走れるような履き心地をイメージしたモデルです。

ミッドソール(アウトソールとインソールの間)が2層構造になっています。

下層部には「FlyteFoam(フライトフォーム)」とよばれるasic独自の長距離でもクッション性を発揮できる技術をもった素材で作られたソールが使われています。

このフライトフォームを使うことによって、従来のミッドソールE.V.Aの半分以下の重さが実現されています。

上層部には「SpEVA(スピーバ)」とよばれるクッション性と反発性の相反する性質をもつソールが使われています。

長距離ランナー向け

RoadHawk (ロードホーク)FF SP。

より足にフィットさせるように、アッパーにはメッシュ素材が使われ、中敷きにはクッション性が高い素材が使われています。

ミッドソールにはゲルニンバス20SPと同じく、フライムフォームが使われてます。

そのため、クッション性と耐久性の両方を持ち合わせており、長距離ランニングに適しているんですね。

ランニングシューズはソールが大事!


出典;Asics running shoes

どのランニングシューズを買おうか迷ったときには「ソール」を中心に選べばいいと言われています。

それぐらい、ランニングシューズにとって、「ソール」は重要なのです!

ソールの何を見ればいいかというと、「厚み」を見ればいいんです。

ランニングを始めてすぐの方や、体に負担がかかりやすい道を走るには足へかかる衝撃が小さい、厚めのソールが使われているシューズを選ぶといいでしょう。

また、ある程度ランニングに慣れてきた方や、もっとタイムを伸ばしたい方は、地面を蹴る感覚がはっきりと感じ取れる薄めのソールが使われているシューズを選ぶといいでしょう。

初心者へおすすめ!


出典;Asics

GT2000 ニューヨーク4 ワイドです。

中敷きやインソールも柔らかめの素材が使われており、重心移動もしっかりと誘導してくれるような設計になっています。

しかし、買われる前には必ず試し履きをして、足のサイズに合っているかはもちろんのこと、かかと、土踏まずにもフィットしていることを確認してくださいね。

ケがをしてしまいますから・・

まとめ

これからは桜が綺麗な季節ですね。

桜色のシューズを履いて、ランニングを始められても素敵かもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする