<仙台・清野裕彰巡査長殺害事件>相澤悠太の「おとなしい性格」は犯行を起こしやすい?相澤容疑者が、交番を犯行現場に選んだ理由も説明!

東仙台交番で起きた事件で、射殺された容疑者は、相澤悠太という21歳の学生だと判明しました。

犯行を起こしてしまった彼の性格や、交番が犯行現場に選ばれた理由を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;日テレニュース24

19日午前4時過ぎ、仙台市宮城野区にある東仙台交番で、巡査長の清野裕彰さん(33)が「お金を拾った」と訪れた男に対応中、左わき腹など複数箇所を刃渡り20センチほどの包丁のような刃物で刺され死亡した。

男は仙台市宮城野区に住む大学生・相澤悠太容疑者(21)で、交番にいた別の警察官に拳銃で撃たれ死亡した。

出典;日テレNEWS24

こちらが、犠牲になった清野巡査長です。


出典;日テレニュース24

相澤容疑者は、犯行を起こしやすい性格だった?!


出典;日テレニュース24

殺害事件を起こした容疑者の知人にインタビューすると、必ず「おとなしい子」と返ってきますよね?

事件を起こしそうにないおとなしい子は、言いたいことを上手に言えない子が多いですよね。

何か嫌なことを押し付けられたり、いじめられたり・・・我慢の限界が来た時に、今までの反動として自分を制御できずに、大きな犯罪を起こすのでしょう。

相澤容疑者も、彼らと同じく、おとなしい子と見られてきたようです。

まず、こちらです。

親族の女性(80)は声を絞り出した。女性にとって相沢容疑者は「穏やかで優しい子」。幼い頃、女性の飼い猫をかわいがってくれた。

出典;産経ニュース

親族からお年玉をもらっているので、お正月には親戚で集まる家のようですね。容疑者は子供時代、大人数いる中でも、猫と遊んでいるおとなしい子だったことが伺えます。

年配の女性から見ると、おとなしい=穏やかで優しい ということでしょう。

次は、こちらです。


出典;日テレニュース24

相沢容疑者宅近くに住む70代の女性は、リュックを背負って、自転車で大学に通う本人をよく目にしたといい、8月に会った際は会釈を交わした。「幼い頃から知っている。兄弟げんかを見たことがないぐらい物静か。何とも言えない気持ち」と複雑な心境を吐露した。

出典;産経ニュース

おそらく家でも大学でも、おとなしいタイプだったのでしょう。

挨拶や質問に答えるぐらいしか、口を開かなかったのかもしれません。

両親の対応にも、問題があったのでは?

報道では、容疑者は両親と弟の4人家族です。ですから、父親、母親とも一緒に暮らしていたはずです。

おとなしい容疑者に、両親がガミガミ言うことが多かったのかもしれません。

物静かであれば、注意しても聞いているか、聞いていないかわからないことがあります。それに、反応が薄いので、つい言いすぎてしまうこともあるでしょう。

21歳といえば、そろそろ就職活動をする時期ですよね?将来のことでも、両親に口うるさく言われていたかもしれませんね。

そんな毎日に、ウンザリ嫌気がさしていたのでしょう。

スポンサーリンク

人を殺して、自分も死にたかった?

こちらも、犯罪者がよく言うセリフですよね?

もし、容疑者が凶器を手放せば、銃殺されることはなかったでしょう。

自暴自棄になっていて、正常な判断ができなかったのは確かですが、本心は、自分も死にたかったのかもしれません。

ウエストポーチには、ドライバーやカッター、はさみなどが入っていたそうです。一見すると、工作道具のようですが、どれも凶器になりうるものばかりです。

持ち歩くには、不自然なものが多かったようです。普段から、何を使うか作戦でも練っていたのでしょうか。

見知らぬ警察官に強い殺意があったわけですから、計画性があったことは確かでしょう。

自分の身元判明を遅らせたかった・・?

容疑者の持ち物には、携帯電話や身分証明書のような身元がわかるものはなかったそうです。しっかり、計画されていた犯行だったのですね。

交番を狙った理由は?


出典;日テレニュース24

穴場だったからでしょう。この交番には、防犯カメラがありません。その上、警官は防護服を身に着けていなかったようです。

目的を果たす絶好の場所になり得るでしょう。

当日も、容疑者が、黒の半袖シャツにジャージといった不審者そのものの格好で訪れても、何ひとつ警戒されませんでしたよね?

こんな格好でウロウロしていれば、隣の中学校からは不審者注意情報が発信されそうです。

それぐらい警察官は、犯罪に対する認識が甘いのでしょう。富山県で起こった、交番襲撃事件から1年も経っていないのに・・・

世の中にはいろんな人がいます。もちろん、このことを逆手に取る人たちもいるでしょう。

裏ネットで殺人現場を探したときには、交番という回答も多かったのではないでしょうか。

ネット上の声

みなさんの声をご紹介します。

犯人は射殺されて当然では?拳銃が奪われて他の犠牲者が出なくて本当に良かった。盗まれて銃撃乱射なんてされたら近所がたまらない。
亡くなられた警官が本当に不憫でなりません。射殺した警官があっぱれです。次の犠牲者が出なくて良かったっと思います。

出典;yahooニュース

警察官とはいえ、発砲することは稀です。罰を恐れず、勇気を持って対応してくれた巡査部長を褒める声が多かったです。

最近多いが、警察のリスク管理はどうなってるのか?なぜ一人にするのか?何事も無い地域だからと安心してないか。強化ガラスの受付等を検討する必要があると思う。

出典;yahooニュース

いつ襲われるかわからない現場の警察官の安全を、もっと考えるべきなのでしょうね。

この犯人が射殺されたことで類似事件が
少なくなると思う。

拳銃は持つだけでなく犯人に対して
使用することで犯罪抑制につながる。
犯人に対してもっと頻繁に拳銃を
使用するべき。

出典;yahooニュース

何をやっても許されるのではなく、射殺される可能性があるのであれば、同じような犯罪が少しは減るかもしれませんね。

まとめ

安全であるべき地域を守る交番が、1番狙われる場所になってきたように感じます。

今回犠牲になった巡査長のご冥福を祈るとともに、警察官の身の安全を守るべき対策が早く立てられることを望みます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする