2019年の花粉の量は爆発的・・?来年度の花粉飛散量が発表されました!

毎年花粉症で苦しむひとにとっては、来年の花粉量は気になりますよね?

来年2019年は、どうなのでしょうか?

スポンサーリンク

2018年の何倍もの量の花粉が飛ぶ?!


出典;ウェザーニュース

山陰では 今年の7〜9倍、関東では2〜7倍となるそうです。

来年は、東日本を中心に、ピークの2013年から6年ぶりの大量飛散となる恐れがあります。

天気が良すぎた夏が原因!

夏の晴れた暑い日に、たくさんの雄花が作られます。

7月の気候がポイントです。

今年は、暑い日が続きましたよね?本当に暑かった・・・

雨もあまり降りませんでした。

これが、雄花が作られる絶好の条件だったようです。

そして、これから11月頃までに雄花の中で花粉が成長していきます。

雄花がたくさんあるので、花粉も多くなりそうですね。

日本各地ではどうなる?


出典;ウェザーニュース

全国的に、去年より花粉の量は多くなっています。

栃木県埼玉県が特に多いようです。

早めからしっかりと対策を取ることが重要です。

北海道


出典;ウェザーニュース

去年より、少ないようです。しかし、多いことには変わりありません。油断は禁物です。

東北


出典;ウェザーニュース


出典;ウェザーニュース

南部では数年ぶりに大量の花粉がとぶようです。

早めの対策がオススメです。

この地方ではスギ花粉がほとんどで、ヒノキ花粉は少なめなようです。

関東


出典;ウェザーニュース

去年より、かなりの量の花粉が飛びそうです。

それも、スギ、ヒノキの両方です。

スポンサーリンク

北陸、甲信北部


出典;ウェザーニュース

例年より、2倍以上多くなりそうです。

東海、甲信南部


出典;ウェザーニュース

近畿


出典;ウェザーニュース

山陰


出典;ウェザーニュース

去年より、かなり多くの量の花粉がとぶようです。

今まで、大丈夫だった方も心配です。

山陽


出典;ウェザーニュース

四国


出典;ウェザーニュース

九州北部


出典;ウェザーニュース

ここ2、3年、花粉の量が多いです。今年は、去年よりも多くなりそうです。

九州南部


出典;ウェザーニュース

まとめ

いかがだったでしょうか。

来年も花粉症に悩まされる方が多いのではないでしょうか。

2月の花粉が飛び出す前から、しっかりと準備をして、少しでも花粉症の症状を和らげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする